スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイリーの納骨とアイビー

15日にウイリーの納骨を済ませました。

朝ごはんも終わってこれから出かけるところです。


081019_1


この日、深大寺の動物霊園にはアイビーも来てくれました。


081019_2


ウイリーが手元から離れるのは寂しいけれど
この一年の間に心に決めたことでした。 

この間に気持ちもちゃんと前向きになれたし、
どんな形でもウイリーは私たちと共に在ると思えたので
何も変わらないんだと思えたので・・・大丈夫でした。


081019_3


この日は時間もあったので
これから野川公園に散歩です~^^


081019_4


この公園はのんびり出来て延々と続く芝生もありブラッキーは大好きです。


081019_5


アイビーは4歳 ブラッキーは14歳 
意識してみたことが無かったけれどその差は10歳なんだね・・・


081019_6


ほんとうに良い子だねアイビーは!


081019_7


ウイリーが寝てる(介護に入って)ときは「お兄ちん、寝ちゃ駄目でしょ~」って
ワンワン言ってくれたね。


081019_8


ブラッキーは自分よりも大きい子には怖くて目を合わせないけれど・・・
赤ちゃんのときから知ってるアイビーは
今でははるかにブラッキーよりも大きくなっちゃったけれど、
ちゃんとまだまだアイビーが弟でブラッキーはお兄ちゃんなんだよね。


081019_9


親元から離れて今のアイビーんちに来たとき
ふうちゃんがお母さんの役割してくれてたんだよね。
たったの4ヶ月しかそのお母さんと一緒に居ることが出来なかったけれど
ふうちゃんからたくさんのこと学んだね。


081019_10



ブラッキー、良く頑張ったね・・・
お兄ちゃんのウイリーを失ったということはどんなにか辛い試練だったか
母ちゃんにもわかるから・・・
良く頑張ったね、ほんとうに偉かったね。


081019_11




ここからはまるでドラマを見ているようでした。


アイビーは手を広げている向こう側の男の人のところに
ゆっくりの駆け足で近づきました。

そしてこの光景です。

その男の人はまったくの見ず知らずの方です。

見ている皆さんがそれぞれに感じてくれたらいいなと思いました。


081019_12

081019_13

081019_14

081019_15

081019_16

081019_17

081019_18

081019_19


訓練をまったく受けていないアイビー、
パパとママの愛情をいっぱいに受けてスクスクと育ちました。

生まれ持った性格もあるかもしれませんが、
毎日の弛まぬ努力の成果が 積み重ねが ここまで良い子に育ったのです。

考えてみたらアイビーのところは今でゴールデンが四代目です。
そのどの子達も訓練は受けていません。
パパとママがそれは丁寧に毎日毎日繰り返し教えたことが実を結んだのです。

そのどの子もみんなほんとうにいい子でした。





ん~、
ブラッキーは逆に頭ナデナデしてもらって嬉しそうにしてましたよ^^


081019_20


081019_21


081019_22




さあウイリー、お家に着いたよ!

小さな可愛い陶器の入れ物にウイリーのお骨を分骨してもらいました。


081019_23


081019_24



yoyo、一日を共にしてくれて嬉しかったよ、ありがとね~。

そしてお花をありがとう^^





☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆


★お知らせです★

      ※画像をクリックしてね


2009年補助犬引退犬支援カレンダー
温かくて優しいイラストのカレンダーは私も大ファンなのです~。





そして・・・
もう1つのチャリティーカレンダーもありますよ^^





小さなひとつも集まれば大きくなるよ!


スポンサーサイト

再びようこそ~PageTop秋の一日はね

Comment

愛情に勝る訓練なし

ああ、私もこのところずっと感じていたのです。
アイビーちゃんのように、特別な訓練をしなくても、飼い主さんに寄り添う子は、
愛情の賜物なんだって。

キッドのママ、ラナちゃんは、ノーリードの方がTIKILOVE母さんに
寄り添って歩くのだそうです。
リードをつけた方が、何故だかどんどん引っ張って行ってしまう。

それで試しに私も、誰もいない所でキッドのリードを地面に置いてみました。
置いたとたんに走り出すかと思いきや、私の顔を見て、
私の存在を確認していました。

それで思ったのです。
昔からノーリードの子を見て、どうやって訓練しているのかと思っていたのですが
これはいわゆる訓練じゃないですね。
脚側歩行の訓練をして、それから・・・ってそういう過程を経て
飼い主さんの側に寄り添っているんじゃないなと気がついたのです。

リードで”訓練”を入れるのではなく、愛情の注ぎ方なんだ、と感じました。
もちろん、その子の性格や特性がありますから、皆同じではないと思います。

でも飼い主との信頼関係が揺るがないものであれば、
問題行動のほとんどはなくなるような気がします。
そのベースにあるのは、「頼れる飼い主」であることは言うまでもありませんが・・・

キッドを子供の頃から看られなかったのが残念です。
きっとこの子も、アイビーちゃんにようにしてあげられたのになあ。
でも今からでも遅くはありませんけどネ。

ウィリー君、納骨したんですね。
ちょっと寂しい気もするかもしれませんが、ウィリー君そのものは
いつでも側にいると思います。

明日、伺いますね~
よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

納骨だったのですね。
1年で心の整理がついたなんて yukoさん凄いです。
私は まだまだラッキーもく~も整理がついてないんです。
我が家の納骨は いつになるのやら・・・。

アイビーちゃんのお話 本当にドラマのようです。
あの両手を広げた男性から 何かを受け取ったんでしょうね。
それを 敏感に受け止められるアイビーちゃん なんて素敵なわんこなんでしょう!

★ターミ姉ちゃん

>愛情に勝る訓練なし

そうですか・・・
ターミ姉ちゃんもこのことを感じてましたか!
実は私と夫との会話、もしくはアイビーの飼い主さんのyoyoさんとの会話で
頻繁にキッド君の名前が出てきてたんですよ。
キッド君はターミ姉ちゃんのところに来てほんとうに良かったって^^

まさにそのとおりです。
飼い主さんに寄り添う子は愛情の賜物! です。

ラナちゃんとアイビーは似ていると思います^^
この公園でもロングリードで歩こうかと思ったら立ち止まって動こうとしないんですよ。
どうもアイビーは不本意のようでした。
で、普通のリードに変えたら歩き出したんですよ。
アイビーはまるっきりのノーリードで本当はOKなんです。
でも、悲しいかな・・・ノーリードで歩いていいところは日本には無いんですね。
ちゃんと良い子で歩ける子なのに回りがそうさせてはくれないのですね。

すごいです!
キッド君はちゃんとできるんですよ。
ターミ姉ちゃんを心から信頼してるんですよ、かわいいですね~。

>リードで”訓練”を入れるのではなく、愛情の注ぎ方なんだ、と感じました。

そのとおりです。

でもね、アイビーは一生懸命に脚側歩行の訓練は毎日毎日していたと思います。
それが出来て初めてノーリードでも心から信頼しながら歩けてるんだと思います。
そしてその結果、その積み重ねが 今のアイビーを作り上げてるんだと思います。
が・・・
飼い主のyoyoさんは散歩中、一時も気を抜いてはいないことも確かです。
前後にいつも神経を張り巡らしているとも言ってました。
男の子ですし、ましてや大型犬ですからね。

>「頼れる飼い主」

まさにそうなんですよ。
キッド君は今からでも決して遅くはないと思います。
ターミ姉ちゃんとの関係がものすごく上手くいってますもの。

キッド君に再び会えるのがとても楽しみです~^^
首を長ーーくして待ってますよ~~♪♪

★鍵コメさん

ようこそ~^^
お名前はお友達のブログで拝見しておりました。
坊主たちのブログにコメントをありがとうございます。

もったいないほどのお言葉、
こちらこそ心からありがとうございます。

そうでしたか・・・
最愛の子を失うというこはとても辛いことです。
鍵コメさんの愛息子ちゃんがお空に旅立たれてからまだ日が浅いんですね、
どんなにか残された○○ちゃんのダメージが大きかったことか・・・
そしてケアされてきたのですね。

ずっとこのブログを読んでて下さってたのですね、
ありがとうございます。

私も本当にドラマを見てるような錯覚さえ覚えました。
あのとき夢中でシャッターを切ったんですよ。
赤ちゃんの頃から大好きなアイビーがこんなに立派に成長して
オンオフの切り替えもしっかり出来る子になったことが嬉しくたまりません。

○○ちゃんの若さと元気は宝物だと思いますよ♪
私たち飼い主の思いはちゃんとこの子達に伝わると私は信じてるんです。
ブラッキーに心を読まれたりもしています。
なんだか人間化した犬みたいな感じがしたりもするんですよ。
犬との生活ってだから楽しくてステキなんだと思います。

又遊びにいらしてくださいね!

★おっかあさん

はい・・・

夫には最初49日で納骨しようと言われたのですが、
だんだん日にちが近づくにつれ、辛くて言葉にならない深い深い悲しみだとか
寂しさが押し寄せてきたんです。

そしてもっと日にちが近づいてきたら呼吸困難になるくらい苦しくて・・・
どうしてもウイリーと離れたくなかったんです、私。

だんだん平穏が戻ってきました。
気持ちも少し落ち着いたようです。

夫はここにお骨があることが辛いと言います。
そしてちゃんとけじめをつけなくてはいけないと・・・
何故”納骨”なのか? ちゃんとその理由があるんだよと言いました。

落ち着いてゆっくりとその言葉をかみ締めました。
少し時間をもらいました。
そうすると不思議と理解できたし、
決して私たちのところからウイリーがいなくなるのではない
ということもわかりました。

又、分骨もしていただけることがわかったので
気持ちがスッと楽になったんです。
そして用意していったちいさな可愛い陶の容器に収めていただきました。

私もあのアイビーのシーンはドラマを見ているようでした。
夢中でシャッターを切ったんですよ。
きっと生まれ持ったセラピー犬なのでしょうね? アイビーは・・・

アイビーちゃんの写真はステキですね。
ゴールデンの優しさと明るさがそのままの写真です。手を広げた方はステキなものを受け取られましたね。撫でてもらっているブラッキーさんもやさしい目をして気持ちを伝えているんですね。
アリアを思い出しました。散歩中老人の方や赤ちゃんに声をかけられると側へ寄って座って見上げていました。
話し続ける方の目をいつまでも見つめていました。
訓練はしていないのですが彼らの血の中に人に寄り添うDNAがあるのでしようか。
もちろん人への信頼があってのことですが。
ステキな写真ありがとうございました。
会ってみたいなアイビーちゃん。

ドラマのようなシーンですね。
おじいさんの笑顔から、アイビーちゃんがどんなに素敵なワンちゃんかが伝わってきます。
そして、おじいさんがブラッキーくんを撫でているシーンもとっても感動しましたv-353
素敵な写心ばかりで、ジーンってきちゃいましたe-263

yukoさん素敵な写真をありがとう
この日はとっても天気もよくてウイリーにふさわしい
爽やかな風がそよそよとふいて
気持ちがあらわれました
ウイリーとの想い出・・・たくさんだね
ウイリーがアイビーに教えていってくれた事をちゃんとうけついでいるよ、優しさと慈しみ
見送って見送られて・・時は流れていく
ブラッキーもアイビーも心に痛みをかかえていても
いつもニコニコとして生きる事の大切さをおしえてくれる元気で居てくれて「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。
アイビーの事たくさんたくさん褒めてくれて素直にありがとう&嬉しいです
みんなみんな色々な事があると思うけどそれぞれに
笑顔の幸せがあるような気がします
この日のおじいちゃんの笑顔は最高でした
私達では決して引き出せない笑顔
素敵な一瞬を写してくれてありがとうです

アイビー君の性格もあるのでしょうがやはり愛情の賜物だと思います。
信頼関係・・・なんですよね。

あのおじいちゃんの笑顔が素晴らしくて。。。ドラマのようですね!!
そしてブラッキー君を優しく撫でてくれているときの様子も。。。じーんときました。

ウィリー君。納骨されたのですね。
何処に居ても絶対そばに居ますものね。


自分も、その場に立ち会ったかのような
この瞬間、瞬間のお写真に心打たれます
全身鳥肌が立つほどウルウル感動しちゃったですよ。

この方も、まわりに居た方たちも、どんなに心温かかったか。。。
アイビーちゃんの純粋さが、みんなに伝わっていく・・・

目から、手から、全身から、お互いの心が通じ合う
なんと、素晴らしい光景でしょうか (┯_┯) ウルルルルル

納骨
優しい歳月に助けられ
自分の心のままに供養されましたですねぇ

yukoさん こんにちわ。
ウィリーくんのお骨 納骨されたのですね。(^-^*)
1年という時間の中で…
yukoさんのお気持ちの柔らかい変化は
ウィリーくんが色々と手伝ってくれたのでしょうね。
そしてココロはいつでも一緒ということが
実感できた素晴らしいことなのでしょうね。

そして そして素敵なお話もありまとぉ。

ホントにね、お利口さんではなくて
その子らしさが生きるココロが良い状態の子ですよね。
ブラッキーたんもアイビーくんも。

人と暮らす上でのルールは大事。
でも、ワンコさんと人は もともと違う種類だから…
向き合って、人間社会でのルールを
丁寧に伝えることが必要ですよね。

素敵なワンコさん&飼い主さまを拝見すると
向き合った時間の大きさを感じることが出来ます。

ブラッキーたん・アイビーくん。
幸せな想いをありまとね。
そしてyukoさん・アイビーくんママさんにも
ココロからありまとぉ。

ウイリー君、納骨されたんですね。
ちょっと寂しいけれど、心はいつも一緒だものね。

アイビーちゃんと、おじさん。
なんて良い写真なんでしょう~
見てるだけで暖かい・・・
おじさんの差し出す手からオーラが出ている感じ。
ワンコってわかるんですよね。
本当の犬好きさんが。

何時も

母が命は永遠で無いから愛おしいのだと言っています。。。
その通りだと想います。。。

その姿が目の前から居なくなっても、
一緒に過ごした事は消える事の無い事実だし。。。
決して忘れる事は無い。。。
子供達を愛した事も子供達から愛された事も決して忘れる事は無い。。。

そう想っても、涙が止まる事はありません。。。
胸の痛みが無くなる事がありません。。。
逢いたい!逢いたい!と言う想いはますます強くなってしまいます。。。
時間が経ってもなお。。。

ごめんなさいね、yukoさん。。。
取り留めの無いことを書いてしまって。。。
お写心を見ていると、とても切なくなってしまって。。。

とってもいいお天気で本当にウイリー君日和でしたねv-237

アイビー君のお写真、涙がでてきました。
悲しい涙とかじゃなくって、感動の涙です。
嬉しそうなおじ様のお顔がとても輝いていて、アイビー君の優しさがビビ~~~ンって伝わってきました。

ブラッキー君、優しい風の中、気持ちのいい時間だったんだねv-219

yukoさん、優しい時間を有難う。

そして、るびーを思い出しました。

こんばんはぁ♪

納骨されましたね・・・。
実は「あれから一年」を読んで胸が苦しくなって
ボロボロないちゃっいました・・・。
旦那様のお気持ちもわかるし・・・。

でもyukoさんのお気持ちの変化には
やはりブラッキー君の存在が大きかったの
でしょうね。yukoさんが全て前向きになられて安心
しました。

先日 我が家の長男ハニーの兄妹に会う機会が
あって・・・。久しぶりにハニーもこんな顔していたなぁとか鼻を鳴らす鳴き声が同じだなとか色々と
感じるものがありました。
どうしてでしょうね、姿がなくなっても未だ尚愛おしくて愛おしくて・・・・。4年になろうとしているのに
まだこんな気持ちなんですものyukoさんはもっともっとそれを感じているはずですね。

アイビー君とyoyoさんの信頼関係は言葉には
言い表せないものがありますね。
どれほど真剣に向き合っているのでしょう!
素晴らしいです。
改めて私は??と自問自答しています。
私達の中に信頼関係はあるのだろうか?

yukoさん。頑張りましたね。。。

納骨を済ませられた帰りに。。。こんな素晴らしい出来事。。。
はじめて逢ったおぢいちゃん~双方に、なんの迷いもない。。。素敵な笑顔。。。

まるで映画のワンシーンの様~。。。

なぜか涙が。。。なんて表現すればええのかな???

初めて書き込みます。よく参考にしています。また遊びにきます☆

★すばるの相棒さん

相棒さん、ブログに紹介を載せていただきありがとうございます。
そのままのアイビーが写真になったんです。
男の子らしくて可愛くてとてもいい子です。

>手を広げた方はステキなものを受け取られましたね。

そうですね・・・
見てる私たちの心がホンワリしてしまいました。
とても温かな気持ちになれた瞬間でした。

アリアちゃんも優しいゴールデンさんだったんですね!
この子達のこうした優しい生まれ持った性格を
存分に引き出してあげられるのもきっと
犬のこと(気持ち)を十二分に分かり合える飼い主さんだからなのでしょうね。

★ kaako さん

本当にね・・・
撮った写真をPCで見たら涙が出そうでしたよ。
ステキなシーンを見ることが出来てとても嬉しかったです。
この方もステキな笑顔ですものね。

ブラッキーも優しさを感じ、又お返ししてるような感じでした。
写真はこういう一コマを残すことが出来ていいですね^^

ネネちゃんとカケちゃんの日常をこれからも楽しみにしてます~♪

★ yoyo さん

あの日、ウイリーの納骨に来てくれてとても嬉しかった~。
きっとウイリーはyoyoに逢えて喜んでるね。
本当にありがとうね^^

ウイリーと暮らした16年1ヶ月、想い出はその何倍もだね。

>ブラッキーもアイビーも心に痛みをかかえていても
>いつもニコニコとして生きる事の大切さをおしえてくれる

きょうね、たくさんのアイビーの写真をコピーしたよ。
ずっと懐かしい写真を見てたよ。
タイムスリップしながらあの頃を思い出してたよ。

子供の頃からアイビーのこずっと見てた。
アイビーは本当にステキに成長したね!
私にとってもアイビーは誇りだよ。
この写真はアイビーの優しさそのものだね。

★ sachiko さん

私もそう思います、愛情の賜物だと・・・
アイビーのお宅はとてもステキな関係が築かれてますよ!

もうねえ、このコマ送りの写真を見てたらステキすぎて
一人でも多くの人に見て欲しいと思いましたよ。

ブラッキーはこの方に撫でてもらって優しさを頂きました。
優しい手でした。

>ウィリー君。納骨されたのですね。
>何処に居ても絶対そばに居ますものね。

はい、私もそう思えるようになりました。
ありがとう。

★ deeper-b さん

そうですね、あの瞬間をこうして写真に出来てよかったです。
そしてこの写真を見て温かな気持ちを感じ取っていただけて
とても嬉しいです^^

アイビーはとても心穏やかな子なんですよ。
ウイリーとブラッキーの大好きな弟です^^

ウイリーのこと 
もっともっと身近に感じられるようになりました。
そして気持ちもずっと穏やかにいられるようになりました。
ウイリーに対する私の気持ちはもっともっと深くなりました。

★ゆみごろうさん

ウイリーはきっと私にもっと強くなってと願っていると思います。
このときからウイリーに対する気持ちは
もっともっと深くなったように思います。
そして身近にいてくれるという気持ちももっともっと深いです。

”生きるココロが良い状態”
この言葉一生懸命に反芻しました。
ほんとうにそのとおりだと思います。
おっしゃるとおりですね、ヒトも犬も・・・。

ここで伝えたい一番大切なことを
ゆみごろうさんは ちゃんとキャッチしてくれました^^

丁寧に伝えることがどんなにか大切かということを・・・
一歩々噛みくだくように焦らずゆっくりと向き合えたから、
そして決してそれは過去形で終わらせること無く
現在進行形で今も尚向き合ってこそ アイビーと飼い主さんの強い絆を感じます。

犬との生活の中でもっとたくさんの人がこのことに気がついてくれたら
きっともっとステキな犬との生活がありますよね。

向き合った時間がどんなにか大きかったかを私も感じますもの。
ゆみごろうさん、私のほうこそココロからありがとう^^

★ ♪メアままたんさん

はい!
ウイリーの納骨が私たちにとって もっともっと強い絆となったことを感じます。
一年の歳月がそうしてくれたんだなあと心から思いました。

この方の笑顔がとてもステキでした^^
PCから写真を見たときに”なんてステキなんだろう”と心からそう思いましたもの。

何よりも驚いたのはアイビーのココロをちゃんとつかんでいる飼い主さんでした。
それは絶対の信頼関係以外の何者でもないと・・・。
そして こんなに良い子のアイビーでも
一歩外に出たら 決して気を抜かない飼い主さんを心から尊敬しました。

分かり合えてるということはこういうことなのだと・・・強く思いました。

★ sumire・♪ さん

私もお母様のこのお言葉に胸がジーンとしてしまいました。

sumire・♪ さん!
命を失うということは本当に辛いですね。
コメントを何度も読み返しました。
去年のあのときの気持ちは今も鮮やかに蘇ってきます。

そして話すことのないウイリーに 今一生懸命に問いかけてるんです。
ウイリーと過ごした時間は全部宝物です。
いたずらしたことも 病気したことも ちょっぴり後悔している怒ったことも etc. etc.
何もかも全部が宝物です。

>逢いたい!逢いたい!と言う想いはますます強くなってしまいます。。。

sumire・♪ さん、私も同じ気持ちでいます。
私も・・・ウイリーに逢いたいです。

★るびーのままさん

はい!
去年のお別れしたときも、そしてこの日もほんとうにいいお天気でした。
親孝行です、ウイリーは・・・。

それぞれに感じていただけたらと思って、
あのときの写真、コマ送りのようにちゃんと撮れていて・・・
実はこの日のブログを更新したときもですが、
それから何度読み返しても同じ、胸が熱くなってしまうんです。

ブラッキーもこの日はいろんな経験をして・・・
でもウイリーがちゃんと見守ってくれてて、ね^^
とっても気持ちのいい時間を
宝物のような時間を過ごすことが出来ました。

ままさんもきっと・・・
きっとるびーちゃんをたくさん思い出してますね、
その都度、るびーちゃんが笑顔で「ただいま~♪」ってしてますね。

★クウガママさん

はい、先日ウイリーの納骨をしてきました。
一年という時の流れが 私たちを前向きにさせてくれました。

寂しくないかと言ったらまったくそうではないとは言えませんが
以前と気持ちが、感じ方が違うんですよ、
何て言うのかな?

ウイリーがもっともっと身近に感じられるようになったんですよ。
いつも一緒と思えるようになったんです。

ハニーちゃんの兄妹に会われたんですね、良かったですね~^^
私もなんだかとても嬉しいです。
今いくつですか? まだ一桁なのかな。

>アイビー君とyoyoさんの信頼関係は言葉には
>言い表せないものがありますね。

本当にね・・・
もう大切な○○家の子ですから~^^
それに答えるようにスクスクと大きくなりました~♪
それはステキな親子関係ですよ。

そんな光景はヒトも犬も同じなんだと思いましたよ。
決して手を抜かない、焦らない、
そんな繰り返しの毎日があったからこそ、
ここまでステキな子に成長したんだなあと思いました。

★ 木のmama さん

一年の月日が私を少しだけ成長させてくれました。
きっとウイリーが一番 私を大人にさせてくれたのかも知れませんん。

不思議と気持ちは前向きに、
そしてウイリーがもっともっと身近に感じられるようになりました。

>まるで映画のワンシーンの様~。。。

でしょう~~、私もPCを通して初めてあのときの光景がこんなにステキだったんだと
思いました。 笑顔がとてもステキな方でした。

★ハナエさん

ご訪問ありがとうございます。
犬と暮らして毎日を綴ったブログです。
又いらしてくださいね。

祭壇を整理して何か変わりに家具を・・・
そうは思っても未だ手が付けられずいます。
ダメですねぇ、私って。

とうとう納骨されたのですね。
1年の月日がyukoさんご夫婦とW&Bを強く結んだんですね。
いつも一緒ですもんねっ。
ずっと一緒ですもんねっ。

アイビーくん、本当に素晴しいコですねぇ。
一度も会ったことはないですが時々このブログに登場する
アイビーくんを見て、その優しさや素直さが伝わってきます。
yoyoさんとご主人の愛情の賜物!!宝物ですね。

★ルビママさん

自然とやれる日がやってくるかもしれませんよ!
無理せずにゆっくりと・・・ね。

一年という月日が私を成長させてくれたように思います。
きっとウイリーは笑顔でいてくれてると思います。
「お父ちゃん、お母ちゃん、ボク、いつでも一緒だよ!」って言ってるかも^^

>アイビーくん、本当に素晴しいコですねぇ。

もう可愛くて可愛くて・・・
生まれ持ったものも そして親から受け継いだものもあると思いますが、
やっぱり一番はパパとママの弛まぬ努力と溢れんばかりの愛情だと思います。

アイビー君。本当にドラマのシーンみたい。
んで…アイビー君みたいに良い子じゃないけど
(欠食児童でスイマセン)やっぱりジャッキーもノーリードで歩けます。
そして何もできないけど「おいで」だけ出来るの。

勿論、3歳位まではそんな事、考えられない位、元気でね。
毎日公園で脱走するジャッキーを叱り、やっと覚えてくれたの。
そして寄り添っていい人。悪い人。それを自然と学習してくれました。

でもネ。ナヴィはご覧の通り(汗)同じように育ててるのに・・・
それもジャッキーは父親なのに。
パピーの頃から普通じゃないと感じてトレーニングしてたけど
それが悪いのか?とも考えました。
でもトレーニングしてなければ事故にあって今はもういなかったかも。
その位、ヤンチャなコだったの。
愛情だって注いでるし、社会性も身につけてたはず。なんでなんでって。

だから先日お伺いしてナヴィに足りないものをみつけたような気に
なってました。でも今日、ルビー婆さんとこ見て変わりました。
DOGLABさんに笑われちゃった…。
これがこのコ達なんだって。
この事はyukoさんの写真が届いてから記事をまとめるけど、あの警戒心は血統
も少なからず関係してる模様。
そう思ったら気が楽になりました。
そして今でもお友達はいっぱいいるけど、少し知らないコのお友達も
ゆっくり慣らして増やしてやろうと。
そういう勉強を積んで警戒の時間が短くなればいいな!と。

アイビー君やジャッキーのように平和主義のオーラを持たないナヴィ。
でも服従心が強いので笑顔は最高なんですよ。
誰にでもあのきらきらお目めを見せられるようになるのが今の目標かな。

自分の事ばかりでスイマセン(――〆)
いつもyukoさん家にいく時はターニングポイントになってて…
本当にありがとうございますっ~。

ウイリー君の納骨のお話をしてるyukoさん。すごくホッとした
感じが鈍い私でも伝わってきました。
そして大切そうに遺骨をなでるyukoさん。印象的でした。

先日、お伺いした時、飾ってある写真も変わってましたネ。
またウイリー君のごはんを今でもお供えしてるyukoさん。
ウイリー君の強さをお話してくれたyukoさん。
本当に愛されて愛情に包まれた幸せなウイリー君だったんだな?って
感じました。

そしてその気持ちがブラッキー君にも伝わってるのでしょうネ。
あの日のブラッキー君。強かったもんっ。
Yukoさんが食事を作ってる時にね。ブラッキー君とナヴィを並べて
写真を撮りました。ブラッキー君は堂々とした顔をしてナヴィはヘタレ
の顔でした。強くなりましたネ。ブラッキー君!!!

いちねん。。。

yukoさんの心のままでよいのだと思います。
四十九日とか一周忌とか、大切な事柄ではありますが、
心ってそんな簡単じゃないですから。。。
ゆっくりといろんなこと思い出して、心の整理をするのに、
1年という時間が必要だったのですね。
それもきっとウィリーくんが。。。
そしてブラッキーくんが。。。なんて思ってしまいます。
yukoさんの穏やかな気持ちが伝わってきます。
よかったです。本当によかったです。

そして、アイビーちゃん!なんてステキな子なんだろう。
おじいちゃんも。。。
お写真から、そこに流れてるやさしくてあったかい空気を
感じました。ありがとうございます。

『ワンコの心がよい状態でいられること』
私にはまだまだ足りないところがいっぱいです。
(でも、何となくわかってきましたよ。あくまで何となく・笑)
ゆっくり一緒に成長していけたらなぁって思います。

訓練

アイビーちゃん 訓練なしに、愛情でこんなにお行儀が良い! やはり愛情に増すものは無いのでしょうね。 ブラッキーちゃんも 秋を堪能して、美味しいうまうま食べながら 気持ちの良い秋空の下をお散歩。本当に気持ち良いね。 

★あやのさん

先日は遠いところあやのさん一人での運転にもかかわらず、
ジャッキーちゃんとナヴィちゃんを連れてきてくれた、
ということがどんなにか大変だったかをわかるので脱帽です。

アイビーはあの時会った他の女性の方が
「わ~、ピレネー犬よ! 大きいわねえ」と言ってたくらい
大きいんですよ、赤ちゃんのときから知っていますが、
こんなにいい子に育ってくれてなんだか感無量です。

たたかれたことも無く大きな声で怒られたこともない。
小さかった頃はやっぱりまだまだやんちゃもしたけれど
繰り返し教えることで どんどんいい関係が出来てきた。

飼い主さんは何よりも積み重ねが大切 ということを知ってるんです。
焦らずにゆっくりとゆっくりと・・・をモットーにして
だから今のアイビーがいるんだなあと思っています。

ジャッキーちゃんの優しい一面をこれからは
もっともっと引き出せたらステキですね。

あやのママを命と思ってるナヴィちゃん、
思ってたよりもナイーヴで寂しがりやさんなんですね、
悪戯はママに注目してもらいたいからなのかな?
人一倍神経質で寂しがりやさんのナヴィちゃんが
他の家でも笑ってくれるようになるといいな。

ウイリーは私たちと16年を共にしてくれました。
語りつくせないほどの想い出があります。
今思い出すのは良い想い出ばかり・・・シアワセです。

もちろんです~、
ウマウマ命のウイリーですからご飯は絶対に忘れたりしては駄目なんですよ。
分骨で小さなお骨壷になってしまいましたが、
以前と気持ちは変わらない・・・それどころかもっともっと深くなってきました。

ブラッキーは強くなりましたか!^^
最近たびたびお兄ちゃんみたい(ウイリー化と言ってますが・・・)と思うことがあるんですよ。

嬉しいお言葉をありがとう。

★ロンの母さん

そう・・・
心ってそんな簡単じゃないですよね。
人それぞれ、その人が一番と思うことがきっとその人にとっては
一番良いことなのですね。

私にとってこの一年はたくさんの振り返る時間でした。
ウイリーに『ありがとう』と言える一年でした。
これからもその想いはもっともっと強くなると思いますが、
なんだかとても心穏やかになれるようになったんですよ。

このアイビーとおじいちゃんの写真は私も何度も見ています。
笑顔がほんとうにステキですよね。
おじいちゃんに向かってまっすぐゆっくりと走っていくアイビーは
そのとき何を考え何を思ったんでしょね。

>私にはまだまだ足りないところがいっぱいです。

そんなことありませんよ、だって何よりもみんなのお顔が物語ってますもの。
いつも思ってるんですよ、そんなロンの母さんに頭が上がりません。
私も・・・
ゆっくり一緒に成長していきたいです。

★はっぴーの母さん

訓練、あくまでも学校で受ける訓練とか
訓練士さんに教わる訓練は一切受けてないんですよ。
先代の3頭のゴールデンもまったく受けてないんです。

ただ教えなくてはいけないことは
飼い主さんが繰り返し 決して焦ることなく教えてました。
声を荒立てることなく手を上げることもなく いつでも平常心でね。
素直なアイビーが育ったのも 
きっと飼い主さんのそうした日々弛まぬ努力の結果だと思います。
それともうひとつは決して揺らぐことの無い信念かと思います。

ありがとうございます! おかげさまでブラッキーはすこぶる元気にしていますよ^^

yukoさん・・
読み逃げ専門で失礼しておりました・・m(_ _)m
ウィリー君・・納骨されたのですね・・
なんだか、ウィリー君が虹の橋をわたったのが
そんなに前だとも思えないし・・
どういうわけだかいつもyukoさんがブログにアップされる写真には
なんとなくウィリー君が感じられて。。
はじめましての紳士にかけよるアイビーちゃんの横にも・・
カートでなでなでされるブラッキーくんの横にも・・
ウィリー君がいるように思えます・・
・・・会いたかったな。
あ!そうだ!365カレンダーの表紙にブラッキー君がいましたね♪
遠くを見つめるブラッキー君・・
きっとその先にもお兄ちゃんがいたんでしょうね♪
今年はシンディは登録しなかったのですが・・
カレンダーは手元に置いておきたいと思っています♪

★ mom さん

あぁ~、私のほうこそご無沙汰してしまいました。

ウイリーをいろんなとこで感じていただけますか・・・
とても嬉しいです、ありがとう。

一年という月日が私をほんの少しだけ成長させてくれました。
私たちは納骨という形をとりましたが、
今、以前よりももっともっと近くにウイリーを感じられるようになったんですよ。

カレンダー、シンディちゃんは登録しなかったんですね・・・残念。
思いもかけずに表紙に載せていただいて、嬉しくて涙ポロポロ、
自分の目を疑ってしまったくらいです。
是非お手元にね・・・mom さん、ありがとう。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://w0830b0316.blog47.fc2.com/tb.php/56-013207aa

震災まいご犬 犬種別一覧
東北支援チャリティカレンダー
エントラプーレ
ペットショップにいくまえに

LAB&PEACE

レトリバー犬種を中心とした 保護活動団体です。

ニコルを助けていただきました。

ラブ爺の愉快な一生

AmazonSeven&Y で発売中 d0098811_23363953

Lavage

ペットと飼い主のための ヒーリングサロン

FooPez

犬の無麻酔歯石除去!!

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

奇跡の母子犬
介護用品

ドギーカート

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンク
FC2カウンター

プロフィール

yuko

Author:yuko
★ウイリー♂
ラブラドールレトリバー
1991年8月30日生まれ
気持の優しい男気の強い子でした。お祭りごとが大好きでポーカーフェイスは天下一品。
2007年10月6日に16歳1ヶ月でたくさんの素敵な想い出を残して天国へと旅立ったのです。

★ブラッキー♂
ラブラドールレトリバー
1994年3月16日生まれ
お兄ちゃん命の永遠のガキンチョといわれている。人知れずナイーヴな神経の持ち主。2010年5月23日16歳2ヶ月でお兄ちゃんの待つ虹の橋へと旅立ちました。

★ニコル♂
ラブラドールレトリバー
誕生日を2005年11月13日とする。
生まれながらのセラピードッグのような子です。

旧ブログ 1

  

2007年1月~12月

旧ブログ 2

2007年12月~2008年3月

思いのままに
リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。