スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かった

「明日は病院に行こうね」
ここのところブラッキーの右目の左上のほうに出血があります。
少しずつ大きくなってきてるのと両目の落ち窪みが心配で眼科専門医に行こうと思います。

080629_1.jpg


ブラッキーのこのお顔見てると14才3ヶ月とはとても思えなくて・・・
けれど身体は正直です。

080629_2.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


病院に来ました。

問診と細かい検査、眼底カメラにより細部にわたる検査の後、コンピューターの画面上に表示された画像の説明、眼圧の測定など長時間にわたる検査でした。

次の検査までの待ち時間を病院の庭で過ごしました。

080629_3.jpg


ウイリーが晩年、白内障を患いぶどう幕炎にかかり最後に緑内障を患いました。
その病気のとき、これといった治療をしてあげることができずに
そのとき服用していた痛み止めだけでしたので、ふたたびブラッキーが同じ病気になるのでは? の懸念がありました。
けれど眼科の専門医以外の病院側としたらこの回答策はごくごく当たり前のことだそうです。
緑内障というのは相当な激痛を伴います。ブラッキーがそうならないように祈るばかりです。

080629_4.jpg


病院の庭では一ヶ月前に緑内障の手術をして元気になったパコちゃんとお写真を撮らせていただきました。
パパさんとママさんに愛情をいっぱいもらって幸せに暮らしているもうじき15才になるパコちゃんです。

080629_5.jpg


さてさて検査も終わって朝ごはんを食べてないブラッキーに急いで家に帰ってご飯を上げました。

病院のあとは良いことがなくちゃね^^ 

午後は久しぶりの海です。

080629_6.jpg


私たちも朝ご飯を食べてないことに気がつきました(汗
海に張り出したイタリアンのお店で朝昼兼用としましょうか♪
もちろん犬OKです(嬉

080629_7.jpg


食後は海に面したお店の前の芝生を散歩です。 
ブラッキー、元気です~

080629_8.jpg


しばらくぶりの晴天で日差しが強くブラッキーにはタオルを濡らして田吾作さんになってもらいました(笑

080629_9.jpg


「きょうはお父ちゃんも一緒だから心強かった」←ブラッキー

080629_10.jpg


「初めての病院だけれどボク何故か震えなかったよね!」
「そうだね、偉かったね~、ブラッキーは珍しいことに診察室に入りたいってドアの前でストライキ起こしてたね^^」

080629_11.jpg


「お兄ちゃんが守ってくれてたから・・・」

080629_12.jpg


その後まだまだ海でのんびりしました。
帰ってからは3時間くらい、夕ご飯ができるまで爆睡のブラッキーでした。

080629_13.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




病院に行ったのが金曜日
それまで甲状腺機能低下から来る病気だとばかり思っていました。

そして土曜日に検査結果の電話をいただきました。

ブラッキーの甲状腺は正常値であり、コレステロール値が少し高めだけれど重症ではない、
白内障は右目はまったく出てなくて左目にほんの少しだけ出始めている。

まず、コレステロールを下げるよう食事で少し改善しましょうとのこと、
もし生まれ持った体質からきているのだったら薬も可。

目の落ち窪みについては今傷ついている右目が痛みを伴っていて
その痛みを緩和させようと眼球を引っ張っているのではないかという。

最近、ブラッキーの目がとても気になっていて気持ちが少しだけ下向きになっていました。
今お世話になっている病院は眼科の専門ではもちろんありません。

そこで先日、
以前住んでいてお世話になったことがある眼科専門医までブラッキーを連れて行きました。
少し見ていただいて回答らしきものが出ましたが、
通うにはあまり遠いので、幸い今私たちが住んでいる鎌倉に知り合いの眼科専門医がいるから紹介しましょうと
言ってくださいました。私たちの家から車でわずか10分のところだったのです。

そして問診も含めて1時間半~2時間の検査でした。
一日でこのような回答をいただけて安心しました。

最初の治療としてはヒアルロンサン入り点眼薬を一日3回点眼する。
二週間後結果を見て次の治療方法を考えましょうと・・・
それからのことはそのときに考えることにします。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最後にトマトの初収穫~~♪♪

080629_14.jpg


にゃはっ^^

嬉しいのでもう一枚アップでね♪♪

080629_15.jpg






スポンサーサイト

オリジナル切手PageTop温かい手

Comment

ブラッキーくん、詳しく検査できてきちんとした回答もすぐにもらえて本当によかったですね。犬は痛みを訴えないから親が変化に気付いてやらなければいつも辛抱ばかりになりますものね。近くに専門医がいらっしゃって心強いですね。それに犬同伴OKのお店が沢山あってさすが都会だなぁと思いました。うちの周辺はあまりにもマナーの悪い飼い方のオーナーが多いからか散歩も気を使います。ボビーは1才頃に甲状腺機能低下症がわかってから一生、検査を続けながら薬を飲み続けました。あの子も私たちもよく頑張ったと思えます。トマト、プチッという歯ざわりが聞こえそうです。美味しそう!ブラッキーくん、本当にウィリーくんが傍で応援してくれているから、頑張ってね。

ああ~良かった・・・。
え?眼科の専門医へ?!最後まで読んでほっとしました。
専門医に診て貰ってよかったです。私のところも専門医はいないもの。心強いですね。
初めての病院でもブラッキー君は落着いてたのですね~お兄ちゃんがちゃんと見守ってくれてるから大丈夫だったのね!!おりこうさん♪

きれいなプチトマトとベリー♪
美味しそう~。ブラッキー君も味見しましたか?

おっはぁ~U。・ェ・。Uノ~♪

ブラッキー君、
ここの病院が自分に合うと分かっているのかな。。。((*´ω`*))ニャ
長い検査だったけど、よく頑張ったね~偉かったよ~ブラッキー君♪
結果内容も良かったですね~

この子達が元気に笑ってくれているとこちらも元気でいられますが、
変化があると気持ちが凹んでしまいますよね。。。
我が家の仔たちも最近体調を崩す事が多くて。。。(|||▽||| )ダー
しっぽの無い人間もしっぽのある仔も、
シニアになると特に健康管理が必要になってくるから、
近くにきちんと答えて下さる医師が居てくれるのは心強いですね。

よかったぁ☆

ホットしましたっ!

今度デートしてくださいねっ
もちろん、ブラッキーちゃんにも会いたいなぁ☆

シニアの病気

気にしだしたら、キリがないかもしれませんが、でも最善は尽くしたいものですよね。

最善を尽くすというのは、何でもかんでも薬漬けにしたり
過保護にする事ではないと思います。
キッドも、甲状腺機能低下じゃないかと人に言われたことがあります。
でも検査はまだしていません。
このシトの場合、本来の体力・生命力がまだ100%回復していないと思うのです。
十分に本来の体調に戻ってから、必要であれば、必要な事をしてやりたいと考えています。

そして、もし何らかの治療が必要であれば、yukoさんのように
専門医を探して、きちんと検査をしてやりたいです。
逆に言えば、必要のない事は出来るだけしたくないです。

よく観察している飼い主だから出来る事。
それは、何が必要かを見極める事、良い病院を探す事、
手間を惜しまない事なんですね。

いかなる時にも、大事に大事にケアされているブラッキー君。
ホントにしあわせそうです。

良かったね。

ああ、美味しいトマトが食べたい・・・

ブラッキー君、立派なお目目をしてるんだv-91
凄いよねv-218
白内障もそんなに心配ないなんて。。。。。。

お父ちゃんとお母ちゃん、そして、勿論ウイリー兄ちゃんに守ってもらってるもんな┏| ̄^ ̄* |┛ガッツポーズ

yukoさん、心配したでしょ・・・・・・。
でもほんと、ブラッキー(&ウイリー)は親孝行ですね。

トマトと、木苺(?)
ヨダレがでてきました・・・・・食べた~~~いv-10

ちょっとドキドキしながら読んでしまいました。”どれをとっても”も”暖かい手”も3回くらい読んでるんですよ・・・読み終わったあとには何ともいえない癒され感があってコメントもできないほど・・・で。幸せなブラッキーくんを見れるだけで幸せですから。けど今日は久しぶりに緊張しちゃって・・・。傷みはないですか?何も言わないワンは本当に心配ですよね。14才かぁ、たくさん心配事がでてくるんですね。やっていけるか心配です。まだリタは5ヶ月・・・。ブラッキーくん、長い検査、本当に頑張りましたね。ほんとに自慢の息子さんですね。どれをとってもかわいいです、お写真。こんな愛嬌たっぷり、優しさ幸せたっぷりのお顔に育ってほしいものです。

ブラッキーくん、長い時間の検査をよくがんばりましたね。
きっと、パパさん、ママさん2人がついていてくれたから・・・・・
お兄ちゃんのウイリーくんが一緒にきてくれたから・・・・・

痛みがありませんように・・・
2週間後の結果が、なんでもありませんように、いっぱい祈っています。
だって、白内障がほんの少し・・・って、すごいです。健康な目のはず・・・・。

yukoさんとパパさんの笑顔がずっと見ますように祈ってるからね====★

診察室に入りたい(笑)

ブラッキーさん、金曜日は暑かったけれど、頑張っていたのですね。
でも専門医が近くにあったなんて、スゴイッ
それが自分に必要って解っていたのね?「診察室に入りたい」
ストライキなんて(^-^)14歳は「生きる」プロですものね♪
病院のお庭とは思えない、くつろげそうな場所でいいですねぇ。
快復をお祈りしてますっ
パパさんのアロハ素敵ですね(*^-^*)

PS. 頂いた写真をA4に引き伸ばして、(ジジババにも)配ってます(^-^)
   写真苦手なmarumoが写っているので、相方も大喜び
   なんですよ♪ありがとうございました。

★ボビーママさん

そうなんですね、痛いとか辛いとか言わないからなおのこと気付いてあげたいなって思います。
こんなに近くに専門医がいてくれてるのに普段は気がつかないんですね、
逆にとても有難くて嬉しかったです。

鎌倉近辺は結構ワンちゃんもOKのお店が多いです。
ブラッキーの若かった頃はそれほどもこういうところを必要としませんでしたが、
このごろはまったく反対です。
散歩途中で飼い主も犬も休めるこういったお店が有難いです。

そうですね、飼い主のマナーの悪さがどんどん犬社会を狭めているんですよね、
とても悲しいことです。

>ボビーは1才頃に甲状腺機能低下症がわかってから一生、検査を続けながら薬を飲み続けました。

そうでしたか、甲状腺の病気の子は多いですね。ウイリーもでしたよ。
けれど飼い主のわがままで薬は途中でやめました。

このトマト、肉厚で結構美味しかったです^^ 次の収穫が楽しみ~~♪

ブラッキーがんばります^^

★ sachiko さん

はいっ、おかげさまでブラッキーは大丈夫でした。
ウイリーのことがあったから、二度そういう思いをさせたくなかったから、
すごく心配でした。
でもちゃんとした専門医で見てもらえてほんとうに良かったです^^

病院が大嫌いなブラッキーはどの病院でも怖がってブルブル震えてしまうんですよ。
今現在かかってる病院のレーザーがだめなんですよ。
震えっぱなしなんですから・・・かえって逆効果だからやめにしました。
おりこうさんをありがとう^^

もちっ、ブラッキーも一緒に食べました~~♪
自分で育てたトマトもまた格別です^^

★ sumire・♪ さん

こんばんは~U。・ェ・。Uノ~ ←かわいいね~~♪

そうそう、きっとブラッキーには好きなタイプだったんだと思います(汗
私たちもブラッキーがこんなにも頑張ってくれるなんて思ってもみなかったので、
ちょっぴり嬉しかったです。
で、結果内容も思ってたよりもずっとずっと良かったんですよ^^

ウイリーが緑内障になったときのことが蘇ってきてね、
何も治療してあげれなくて、もちろんウイリーの体力的にももう限界でしたが、
そのことがずっと頭から離れないでいます。

>我が家の仔たちも最近体調を崩す事が多くて。。。(|||▽||| )ダー

気がかりですね、みんな痛みも苦しみもないといいですね。

>シニアになると特に健康管理が必要になってくるから、
>近くにきちんと答えて下さる医師が居てくれるのは心強いですね。

今回ほんとに思いました。
これからもいろんなことと向き合っていかなくてはいけないんですね、
一緒に勉強しながら、ブラッキーとお話しながら決めて行こうと思います。

★ temmi ちゃん

ありがとーー^^

もちろん!
鎌倉に来る? それとも横浜に行く?
いつかブラッキーにも会ってやってね♪

★ターミ姉ちゃん

ほんとにね、シニアになったらいつも変化だけは見逃さないように気をつけなくてはね。

でも又、病気を見つけたくない、というのも本音でもあります。

んん~、
キッド君の場倍はターミ姉ちゃんのおっしゃるとおりです。
まだまだです。本来の体調に戻るべく毎日の積み重ねをしてるわけですから・・・

専門医は絶対に必要だと思います。
何故ならウイリーの時に白内障からぶどう幕炎緑内障に至るまで
かなりフルスピードでやってきました。
治療もここに越して来てからお世話になってるひとつの病院だけでした。

もちろん体力的にも手術などということは無理でしたが、
”痛み止めを飲む、目薬を差す”のみの治療でした。
それは専門医でなかった(もちろん総合的には診ていただけるのですが)ということです。
だからその”痛み止めを飲む、目薬を差す”方法も間違っているわけではないのです。
むしろ普通の病院はどこもこの方法をとったであろうと言われました。
だから間違いではないのです。

しゃべれないだけに私たち飼い主のサポートは絶対に必要です。

今回ブラッキーが病院を嫌がらなかったのが夢のようです。
自分からどんどん入ってゆける何かがあったのでしょうか?
ただ単に大人になったとも言い切れないです。

トマト、美味しいのは本当に美味しいですものね^^

★るびーのままさん

ありがとう^^
今回いろいろ検査してもらって良かったです。
これもちゃんとブラッキーが教えてくれたんですね!

ウイリーの目は沢山病気しましたが、
ブラッキーはまだまだ大丈夫だということを教えていただきとても嬉かったです。
ウイリーが守ってくれました^^

>yukoさん、心配したでしょ・・・・・・。
>でもほんと、ブラッキー(&ウイリー)は親孝行ですね。

ありがとーー^^ 親孝行息子たちです。
今回だけはウイリーの目の病気のことを思い出してしまい、
一刻も早くと思いました。

初めての収穫のこのトマト、美味しかったです~~♪

★ lou さん

ドキドキさせちゃった上に緊張までさせちゃってごめんなさい
そんなに読んでくださってるなんて・・・もう感激しちゃいますよぉ。

痛みは少しだけあるようです。
皮膚がその傷に当たると痛いのでたぶん傷みを和らげるために
皮膚に当たらないよう眼球を後ろに引っ張ろうとする筋肉が
目の落ち窪みを起こしているんではないかと言われました。

>14才かぁ、たくさん心配事がでてくるんですね。

年と共にいろんなところに変化はあるのですが、
無理に病気を探すことはしないように気をつけています。

ルウちゃんとリタちゃん♪
若くていろんな可能性がこれから花開きますね、楽しみです^^

★レナ・ママさん

はいっ、ブラッキーはいい子で頑張りましたよ~^^
ウイリーもたくさんたくさん守っててくれたみたいです。

今回いっぱい検査してもらってこれからのブラッキーの目に対するケアが見えてきました。
本当に良かったです。

>yukoさんとパパさんの笑顔がずっと見ますように祈ってるからね====★

ありがと~~^^

★ morumo さん

そうですそうです、
この日は田吾作さんしなくてはならないほど暑かったです。
ブラッキー、頑張りましたよ~^^

>でも専門医が近くにあったなんて、スゴイッ

灯台下暗しでした(汗

>それが自分に必要って解っていたのね?「診察室に入りたい」

最初出口だと勘違いしてるのかと思いました(汗

>14歳は「生きる」プロですものね♪

わ~、なんだか元気が沸いてくる言葉です。

とても素敵なお庭でした。
夏はちょっときついかもしれませんが春秋はいいですよね、
目のことでもし! というときには是非行ってみてくださいね。

いえいえ、
写真喜んでいただけてとても嬉しいです^^
そうなんですよね、何時も撮る側は写真ないですものね♪

よかった。

眼に大きな異常がなくて本当によかったです。
すばるさんも年に一度白内障の検査を大学病院の眼科に受けに行きます。
人間の検査と全く同じですよね。
いつもの病院ではガタガタしているのにナゼか眼科では落ち着いているのです。
不思議ですよね。一番美人の研修生を選んで甘えに行ったりして、マッタク!v-217です。
さぞかしホッとされたことでしょう。
完熟トマト見るだけで甘そうです。
こちらもこれからトマトの季節です。

よかったです!

ブラッキーくん、よかったよかった。。。
以前の経験があると、同じことを思って心配になりますよね。。。
近くによい先生がいたこともラッキーでしたね。
お兄ちゃんが守ってくれてる。お空のお友達も守ってくれてる。
だから大丈夫だよ、ブラッキーくん!
早く痛みがなくなりますように。。。

がんばったから、海にも行けたんだ。とってもうれしそうですねぇ。
田吾作ブラッキーくん、サイコー(爆)パパさんのアロハもイイ♪

トマト、ぷりぷりツヤツヤでおいしそう。わが家ももうじき収穫祭です。
今年は、お天気のせいか、なすときゅうりがダメです。残念。。。

★すばるの相棒さん

ありがとうございます^^
この院長の一言が私たち飼い主をどれほど安堵させてくれるかです。
たとえブラッキーの目がもう少し違った(悪い)状態であっても
専門医に診ていただいて、心のモヤモヤが晴れて、治療に専念できるということは
いちばんのお薬ですものね。

うふっ、
すばるさんも検査してるんですね、
しかも落ち着いてるなんて大物ですね^^
そっかそっか~~、
すばるさん! 美人の研修生さんを選んでというところがなんともニクイです♪

いつもはミニトマトの苗を植えてるんですが、今年はもう少し大きいの(中玉)にしたんですよ^^
だから収穫ひとつでも存在感があるんです~(笑
みんなトマトは大好きですよね、もちろんブラッキーも私たちも大好きです。

★ロンの母さん

ありがとー^^

>以前の経験があると、同じことを思って心配になりますよね。。。

ウイリーのことが鮮明に思い出されてしかたなかったです。
だから いの一番に依然住んでて何度かお世話になったところに飛んでいきました。
そしたら・・・なんとなんと・・・うちからこんなに近くに専門医があったなんて、
こういうのを灯台下暗しというそうです(汗
そしてとてもありがたいことだとおもいました。(嬉

点眼して気がついたことは、目やにがなくなったことと、出血の部分が
治り始めたような・・・そんな気がしています。
二週間後に治ってたら嬉しいのですが・・・

>がんばったから、海にも行けたんだ。とってもうれしそうですねぇ。
>田吾作ブラッキーくん、サイコー(爆)パパさんのアロハもイイ♪

平日の海はまだまだ人も少なくて暑くなければ最高なのですが・・・
ブラッキーの田吾作姿もいいでしょ^^
アロハのこと、夫に伝えなくては(笑

このお天気は植物たちにとって最悪ですね、
ロンの母さんのところはなすときゅうりがまだなんですね、
ダイちゃんのためにも早くお天気回復してくれるといいのですが。

(^▽^) ホッ

あぁ~よかった。。。(^▽^) ホッ
ドキドキしながら読みましたe-330

田吾作ブラッキー君~(llllll〃^∇^)o_彡☆あははっ
おと~ちゃんと一緒で良かったね~e-415

にゃはっ!トマト~おいちそ~やゎ~ジュルe-266

★木のmama さん

ありがとー^^
ごめんね、ドキドキさせてしまって・・・
でも、もう大丈夫ですよ~~♪

暑い日の黒い子はこの田吾作さんが一番良いんです(汗
って冗談ですけれどね・・・(ウヒヒ

mama さんのところもトマトとナスの美味しそうな収穫がありましたね♪
私~、ゴーヤもUPされるの楽しみにしてますですよ^^

ウイリー君が、この病院へ導いてくれたんでしょうねぇ
だから、ブラッキー君は怖がらず
自ら診察を受けようと思ったのかな

ブラッキー君には、お兄ちゃんが見えてるんだもん
お兄ちゃんの進める病院は安心だよね
いかなる事があったって、お兄ちゃんが居るから平気

yukoさん、強い味方が傍にぴったりと
寄り添っていてくれますねぇ

yukoさん こんばんわ。
ブラッキーたん 偉かったね。
おメメの検査は慣れないことをするものね。
でも ちゃんと理由がわかって良かった。(^-^*)
気付けるのはありがたいことですから。
気付くことが出来れば、それから先にすすめますから。

ブラッキーたんのようにココロもカラダも穏やかであれば
色んな選択肢があるから大丈夫。
上手に乗り越えていけると思います。

ちゃんとウィリー兄さんも見守ってくれてるしね。

yukoさん 今日もありまとぉ。
ブラッキーたんの穏やかな表情にほんわりです。(^-^*)


★ deeper-b さん

そうかもしれません、
私たちは目を白黒させてしまいました。
だって前代未聞のことですよ。

少し動くことはしましたが、
ほんとうにいい子で診てもらってたのにもビックリしてます。
怖がりさんだったブラッキーの嬉しい変化です。

>ブラッキー君には、お兄ちゃんが見えてるんだもん
>お兄ちゃんの進める病院は安心だよね
>いかなる事があったって、お兄ちゃんが居るから平気

嬉しいなあ・・・
deeper-b さん 優しいんだもん、
ブラッキーとウイリーの会話を聞いてみたいな。

>yukoさん、強い味方が傍にぴったりと
>寄り添っていてくれますねぇ

ありがとう^^
ほんとうにそうなんですよ。

★ゆみごろうさん

ブラッキーのことほめていただいてありがとう^^
ブラッキーは長い時間耐えて検査していただきました。
これからも定期的に検査はしていただこうと思ってるのでもう安心です。

本当に良かったです。
理由がわかってこれからはまず食事でコレステロールを下げるよう努力しますね。
ウイリーが以前、目を患ったことがあるのでそのときのことばかりが頭に浮かんでしまいました。
でももう大丈夫!
上手に上手に乗り越えていけそうです^^

えひたんはヘソ天でねんねしてますか、
早く逢いたいなあ・・・

こちらこそありがとう♪

ドキドキしながら読みました。
原因がわかって良かった~>^_^<
「どこが痛い」っていってくれないワン達ですもの。
原因がわかるまで心配されたでしょう・・・。

近くの病院が見つかって良かったです。
通院となると車の移動もシニアワンには負担になりますものネ。

自分が病気になっても滅多に病院へ行かないのですが、ジャッキーとナヴィの事となると心配で病院へ行っちゃうんです・・・。
そしてちょっとした疑問もしつこい位に先生に聞いて…たぶん。
先生からみたらすごーく嫌なお客さんかも?

綺麗な美味しそうなトマト!
また浅香トマト食べたくなっちゃったぁ~。

★あやのさん

ごめんなさいね、ドキドキさせちゃって・・・

そうなんですよ、
いろいろ頭を駆け巡りました。
一瞬ウイリーのことが思い出されて切なくて、
又同じ思いをするのかと心配でどうしようもなかったです。

けれどまだはっきり形には表れていませんが、
ブラッキーの目は徐々に治ってきつつありますからだいじょうぶですから・・・
どうもありがとう。

この病院ほんとうに我が家から10分ちょっとで行けるんです。
何よりもブラッキーには嬉しい病院でした^^

あやのさんが真剣に先生とお話してる姿が目に浮かびます。
私もまったく同じ!
納得いくまでお話聞きます。
そういう点で今回の先生は素人の私たちにもわかり易くお話してくれました。
そして最初から薬漬けにせず、まず第一段階からスタート、
そして次のステップへと治療を考えてくれるとのことで安心です。

>綺麗な美味しそうなトマト!

我が家の中球トマトはほんとうに少しずつの収穫ですが、
自分で作ったトマトの味って格別に感じるから不思議ですねえ♪

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://w0830b0316.blog47.fc2.com/tb.php/27-04169004

震災まいご犬 犬種別一覧
東北支援チャリティカレンダー
エントラプーレ
ペットショップにいくまえに

LAB&PEACE

レトリバー犬種を中心とした 保護活動団体です。

ニコルを助けていただきました。

ラブ爺の愉快な一生

AmazonSeven&Y で発売中 d0098811_23363953

Lavage

ペットと飼い主のための ヒーリングサロン

FooPez

犬の無麻酔歯石除去!!

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

奇跡の母子犬
介護用品

ドギーカート

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンク
FC2カウンター

プロフィール

yuko

Author:yuko
★ウイリー♂
ラブラドールレトリバー
1991年8月30日生まれ
気持の優しい男気の強い子でした。お祭りごとが大好きでポーカーフェイスは天下一品。
2007年10月6日に16歳1ヶ月でたくさんの素敵な想い出を残して天国へと旅立ったのです。

★ブラッキー♂
ラブラドールレトリバー
1994年3月16日生まれ
お兄ちゃん命の永遠のガキンチョといわれている。人知れずナイーヴな神経の持ち主。2010年5月23日16歳2ヶ月でお兄ちゃんの待つ虹の橋へと旅立ちました。

★ニコル♂
ラブラドールレトリバー
誕生日を2005年11月13日とする。
生まれながらのセラピードッグのような子です。

旧ブログ 1

  

2007年1月~12月

旧ブログ 2

2007年12月~2008年3月

思いのままに
リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。