スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコル退院しました!!

1月22日 二週間ぶりにニコルが我が家に帰ってきました。

いやぁ~~、ほんとうにほんとうに長かったです。

ニコルは健気にもよく頑張りました。

もうもう

たっくさん褒めてあげました。

110123_1

110123_2
ウトウトしながらも起きてるニコルがなんだか妙にいじらしくて



どんなにかゴロゴロしたかったことでしょう。

迎えに行って我が家に近くなるにつれ

ニコルは何かを確認するように一生懸命に景色を見て

匂いをかいで

そして...そして...少し緊張しているようでした。

もうどこにも行かなくていいんだよ。

やっと、

やっと、

ゆっくり出来るね。

110123_3
スロープと少しの段差でこけないよう...

110123_4

110123_7
リードとバスタオルで保護します。

110123_5
父ちゃんが作ってくれたスロープ

110123_6
おしっこも上手にできるよ



手術はとても順調に進みました。

ニコルの今迄あまり使えなかった足、人工関節を入れた足で確実に歩き始めました。

術後8日目で抜糸をしたのですが、ケージにすれるのか??

水が溜まってしまい、それだけならよかったのですが、

約三分の一傷口が開いてしまいました。

またもや再縫合です。

そんなわけで入院が少し長引いてしまったのです。

110123_8

110123_9
ゴロゴロしたあとコテンと寝てしまったニコルはかなりの時間寝てたようです。
父ちゃんと母ちゃんも一緒に寝ました。


110123_10
服を着ると殆どわからないよね。
ちょっとアンヨが寒そうなのでこの服ちょうど良かった。




退院した今一番大切なことはニコルのテンションを上げさせないことです。

今迄使えなかった足が使えるようになったことは少し戸惑いもあるようですが、

嬉しくて仕方ないようです。

そして左足よりもどうも利き足が右足(人工関節を入れたほう)らしいとのことです。

いまひとつ固定がしっかりされるまで無理な動きは避けなくてはならないのです。

110123_11
久し振りに野菜を沢山煮ました^^人用も同じ野菜と少しだけプラスしたお鍋!!

110123_12
食べっぷりも健在です。


ニコルが今迄出来なかったこと、

少しづつ、

経験させてやりたいです。

安心したように爆睡のニコル、こんな姿なんだかとても久し振りの気がします。

110123_13


皆さんから頂いた沢山の応援のおかげです。

こうしてニコルがここにいる幸せをたっぷりと噛み締めてます。

どうもありがとうございました^^





スポンサーサイト

ニコルの回復力PageTop心がホッコリです

Comment

ばんざ~い、楽しいこと一つずつ増えるね♪
お家に帰った二コル君はどんなにか安心したことでしょう。
不安な経験をした子は、「また、かあさんととうさんがいなくなった」と思ったことでしょうね。
二コル君がどんなにか嬉しかったことだろうと思うと、涙が出そうです。

安心した顔でねんねしてますね

良かった 良かった~
ただ、それだけで嬉しいなぁ

ブログを読むといっつも涙が出ちゃう
こんなに愛がてんこ盛りのブログ・・・なかなか
出会えません

ニコルくん、お帰りなさい♪
順調そうで、本当によかったです!!!

退院おめでとうございます
最後の写真でお顔に添えたお手手が可愛い♪

利き脚痛い痛いだったんですね、可愛そうでした
でもこれからはバッチリですもんね

父ちゃん母ちゃん、腰に気を付けて・・・

退院おめでとうございます。
ニコちゃ~ん!お帰り!!

2週間...長かったですね。
きっとyukoさんご夫妻とニコちゃんにとっては
ものすごく長かったと思います。
でも良かった~順調そうで。

1度入院して帰ってきたことで、ニコちゃん今までよりも
安心するんじゃないかなー?って思います。
ビビは預かってもらって帰ってきた後、変わったような気がしますよ。
私が海外旅行に行くとき。

ニコちゃん、退院おめでとう。
まだちょっと痛そうな感じだけど、早くキレイに治ると良いですね。

2週間の入院は、これからの長いニコちゃんの犬生を出来るだけ
健康に過ごすための、準備期間のようなものだったのかな。
これからは、あんまり獣医さんのお世話にならないで過ごせますように。
落ち着いたら、また遊びましょうね。

お帰り!

ニコル、お帰り~。
ただいまの報告、待ってたよ♪
リハビリ頑張ろうね。
パパとママがたくさんフォローしてくれるから大丈夫ね。

早くガッチリ固定するといいですね。
これまでよりもたくさん歩けるように、どこでも行けるようになるなんて素晴らしい。
リハビリ大変でしょうが、頑張ってください。
応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おめでとうございます。
遠くから心配していました。
あとはもうリハビリリハビリですね^^
写真のほんとに安心したニコルちゃんのお顔
なんともいえず,ずっとみちゃいました。

はじめまして。

いつもたくさんの『愛』をありがとうございます。
画面からいっぱいの幸せを頂いています。
yukoさんちのような家族…私の憧れです!
幸せを頂いている私なので図々しいと思いますが、yukoさん家族が大好きです。いつまでもいつまでも暖かな幸せな家族でいてください。
応援しています。
いつもありがとうございます。

ニコルくん♪退院おめでとうございます!
長い入院はワンコも人も
本当にさみしさと心配でいっぱいですよね(TT)
ニコル君の安心した寝顔と、それを眺めるyukoさんの
安堵の気持ちが写真から伝わります・・
今しばらくテンション低めのゆっくり生活を何とか乗り切って
寒さが緩むころにはお兄ちゃんたちがしていたように
海風を受けながら沢山沢山お散歩できるといいですね♪

ニコちゃん
退院おめでとぉ~~~
もうこれからは、とーちゃんとyukoさんとずっとずっと離れることなく一緒にいられるよんw
4本のあんよでしっかり地面を踏みしめて、一緒に歩いていけるんだよ
ほんとにほんとにおめでとぉ~~

私のブログにニコルのことアップしました
事後報告でごめんなさい

ニコルよかったね。
お家に着いて、ほんとうに、ほっとしたでしょうね。
ニコルの不安な気持ちを思うと涙がでてきました。

入院中ニコルは何て思ってたんやろ・・・。
yukoさんと父ちゃんの顔を見て安心したり、
不安になったり・・・・・。

ニコル、もう大丈夫、yuko母ちゃんも、父ちゃんも、
これからは、ず~~~~~~っと一緒やで!!!!!

退院おめでとう(*^-゚)vィェィ♪

★ワンコのかあさん
ありがとうございます~^^
そうなんです、母さんがおっしゃるとおり、そのことが一番の心配でした。
思えば短期間の間に沢山の移動。
入院中、声もかれてしまうくらいケージで父ちゃん~母ちゃん~って呼んでましたから...
でももう大丈夫!!!!! これからはずっと一緒ということもわかってきたようです^^

★マリンぶぅさん
ありがとうございます。
もうなんていうか、ニコル、ちょっとでは起きないくらいの爆睡が続きました。
そのニコルを見ていたら病院ではあまり熟睡しなかったのでは?と思えたりもしました。
だから寝てる顔見てるとなんだか涙が出そうです。
そしてそして...優しいお言葉ありがとうございます。

★kaakoさん
ありがとーー^^
これから一歩ずつです。
確実に歩んでいきますね。

★フィリーママさん
ありがとうございます。
あっ、この写真のおてて...何ともいえないですよね。

昨日より今日、ニコルは進化し続けてますよ。

★sayakaさん
ありがとう^^
いやあ、半端じゃなく長かったです。
ニコルの回復振りに目を丸くしています。

あ~ビビちゃんはあの時何かが変わったのね。
とするとニコルの心の中にも変化が現れてるかもしれないね。
帰ってきたニコル、益々可愛くて...

★ターミ姉ちゃん
ありがとうございます。
あとは日にち薬だと思っています。

あぁ、そうですね。
”準備期間”ほんとうにそんな感じがしてきました。
もうすでにニコルと約束しましたよ^^
もう病院には行かないよってね。

はい!! 又遊んでくださいね~^^

★totobokuさん
ありがとうございます。
ただいま~~~~~♪
リハビリも順調です、だから大丈夫~♪

これから今迄できなかったことをひとつずつ体験させてやりたいです。
なんだか私までワクワクなんですよ!!

★鍵コメ ”l ”さん
ありがとうございます。
いやあ、ほんとうに長くて切ない日々でした。
でももう それともさよならです。
私もなんだか”きっと大丈夫”って思えます。
これからはどこにも行かなくていいんだよって、ニコルに話しかけてるんですよ^^

★あきさん
ありがとうございます。
たくさんご心配おかけしました。
でももう大丈夫~^^
ニコル、凄いですよ!! 
リハビリも難無くクリアしそうな勢いなんですよ。
日々進化です~。
帰ってきたら可愛さ倍増です。困りました^^

★izumiBさん
コメントありがとうございます。
優しいお言葉ありがとうございます。
なんだか勿体無くて嬉しくて...
応援していただいてニコルすごく元気元気ですよ^^
これからもどうか見守っててくださいね。

★momさん
ありがとうございます。
そうなんです、ニコルの場合一番の心配だったのが
又父ちゃんと母ちゃんがいなくなったということと
大嫌いなケージでの生活に耐えられるだろうかということでした。
頑張って二週間もの長い入院生活。
よく耐え抜いてくれたと今更ながらに思っています。
今、ここにニコルの温もりを感じられることのシアワセを
そして、もう何処にも行かなくていいんだよという安心をニコルに伝えたいです。
いや、きっとニコルは何もかもお見通しかも知れないです。
だって家に帰ってきてからの爆睡っぷりは今迄見たことの無いほど深いです。
ニコル、オンオフがハッキリしてて良かったとちょっと安堵なんですよ。
テンションも上がることなく乗り切っています。
一日も早く回復するためだからねって自分にも言い聞かせていたりしてね^^

★ごん母さん
ありがとうございます。
(涙 そうそう、これからはずっとずっと離れることなく...
もう病院にも行くんじゃないよ~って言い聞かせてますよ~。
自分の足でしっかり歩き始めましたよ。
ニコル、すんごく嬉しそうです。

★ベルママさん
いつもほんとうにありがとうございます。
ただただ感謝です。
ニコル、今日は昨日よりも回復してます。
明日は今日よりも...^^

★るびーのままさん

ありがとうございます。
ニコルの寝顔を見れるしあわせ。
ニコルの温もりを感じられるしあわせ。

ニコル、病院で毎日「父ちゃん~母ちゃん~」ってないてました。
で、父ちゃんと母ちゃんは毎日面会の帰りは切なくて言葉も無くて...

だから今...
勿体無いくらいしあわせです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://w0830b0316.blog47.fc2.com/tb.php/223-f67179d3

震災まいご犬 犬種別一覧
東北支援チャリティカレンダー
エントラプーレ
ペットショップにいくまえに

LAB&PEACE

レトリバー犬種を中心とした 保護活動団体です。

ニコルを助けていただきました。

ラブ爺の愉快な一生

AmazonSeven&Y で発売中 d0098811_23363953

Lavage

ペットと飼い主のための ヒーリングサロン

FooPez

犬の無麻酔歯石除去!!

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

奇跡の母子犬
介護用品

ドギーカート

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンク
FC2カウンター

プロフィール

yuko

Author:yuko
★ウイリー♂
ラブラドールレトリバー
1991年8月30日生まれ
気持の優しい男気の強い子でした。お祭りごとが大好きでポーカーフェイスは天下一品。
2007年10月6日に16歳1ヶ月でたくさんの素敵な想い出を残して天国へと旅立ったのです。

★ブラッキー♂
ラブラドールレトリバー
1994年3月16日生まれ
お兄ちゃん命の永遠のガキンチョといわれている。人知れずナイーヴな神経の持ち主。2010年5月23日16歳2ヶ月でお兄ちゃんの待つ虹の橋へと旅立ちました。

★ニコル♂
ラブラドールレトリバー
誕生日を2005年11月13日とする。
生まれながらのセラピードッグのような子です。

旧ブログ 1

  

2007年1月~12月

旧ブログ 2

2007年12月~2008年3月

思いのままに
リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。