スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから今迄

みなさんからのあたたかくて優しくて...
たくさんの心のこもったお気持ちをいただきました。

どうもありがとうございました。

沢山のコメント、
そして携帯にも沢山のメールをいただきました。
どんなにか心救われたことでしょう。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

父ちゃんと母ちゃんの心もポカポカであたたかです。

ブラッキーはこんなにもたくさんの方から愛されて幸せだなあと
つくづく思ったものです。

そして...

虹の橋ではお兄ちゃんのウイリーが待っててくれて...
お友達がたくさんいて...

お兄ちゃんと再会できるブラッキーが、
父ちゃんと母ちゃんはとてもとても羨ましいです。
人一倍淋しがりのブラッキーだから
ウイリーやお友達がいてくれてとても心強いです。


・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・


deeper-bさんが書いてくださった可愛いイラストに涙しました。
とてもあったかくて優しくて...なつかしくて。

100609_1

bjちゃんのママさんのdeeper-bさん!
ウイリーのときにも...
そして今回、ブラッキーにも書いてくださったのです。
なんともしようもない、父ちゃんの、そして母ちゃんの心が
ポカポカになりました。

どうもありがとうございます。


・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・


そして、
荼毘にふす朝早くに友人Mさんからメールが届きました。


ブラッキーからの伝言です〓

ありがとね~
ありがとね~

僕はパパとママが大好きだ

僕はパパとママの子供で良かった
お兄ちゃんの弟で良かった

パパとママお兄ちゃんで暮らせたことが幸せだったよ

僕が小さいときパパとママが泣いたことがあったよね

あのとき僕はいやだった
パパとママが泣かないように、しなくてはと思ったよ

だから、もう僕のことで泣いたり悲しんだりしないでね

姿は無くなってもずっと一緒だよね

いつも僕の傍にいてくれてありがとう

沢山抱きしめてくれてありがとう

僕は嬉しかった

父ちゃんと母ちゃんが大好き

ブラッキーより



これはブラッキーの波動です〓

信じていただけるか分かりませんがそういう思いで旅立っています

亡くなる最後の方は少し頭痛がしただけだったようでした

甘いものが美味しかったと言っています
何かな?


とにかく
ありがとね~ありがとね~とパパとママに言っています




このメールを貰いブラッキーと父ちゃん母ちゃんは深大寺に向かったのです。

言葉にならないほどありがたくて嬉しかったです。


そういえば、
さくら貝色したとてもきれいなお骨がいくつかありました。
これは病気とかではなくて、
まれにあるそうです。

死んでも尚、
お骨になっても尚、
可愛くて可愛くて、

可愛くて可愛くてどうしようもなくて...(泣



・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

そしてそして
たくさんのお友達がブログにブラッキーのこと書いてくださいました。
何度も何度も読ませていただきました。
鼻水たらしながら読ませていただきました。
どうもありがとうございます。

wulmさん aliceさん temmiちゃん あぢゅさん deeper-bさん sachikoさん
ルビーちゃんとアニーちゃんのママさん ターミ姉ちゃん ワンコのかあさん
kaakoさん ゆみごろうさん きんぐさん ロンちゃんの母さん  coiさん 
sayakaさん 木のmamaさん

sayakaさんごめんね、書いたつもりが...(汗 
ターミ姉ちゃんから教えていただき追記しました。
ドジな母ちゃんのこと、どうか皆さん、ここに書いてあったよ! って教えてくださいね。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・


先日の日記の続きです。

ちょっと辛いけれど、ブラッキーの最期のときをメモしたものです。

良かったら読んでくださいね。


5月23日

夜中3時頃、ブラッキーの荒い息づかいで目が覚める。
呼吸困難で意識は殆どない。
どうしてやることも出来ずにただただ さすってやり手を握ってやる。
30分
しばらくして落ち着く。

落ち着いていたのもつかの間
呼吸停止。

ビックリして酸素吸入
たくさん たくさん送り込む。

かなり長いこと止まっていた呼吸が戻ってくる。

それからブラッキーの戦いが始まった。

あまりの苦しそうな姿に「もう頑張らなくていいよ」と何度も声掛ける。
もがいてもがいて穏やかになる。

チューブを全部はずしてやる。

しばらくウトウト

庭でバラの花を摘んできてブラッキーに見せてやる。

ブラッキーを苦しめたくないと思う。楽にさせてやりたいと思う。

手を握りしめながらブラッキーの顔を見つめていると荒い呼吸でさえ、
辛いのか穏やかなのかわからなくなってくる。

何度も口に水をしめすが反応が無い。

ブラッキーがとても気高く、愛おしく、どうしようもない。

ブラッキーの手の温もり、匂い、忘れないように必死で嗅ぐ。

心で話をしていると胸に詰まったものが一気に溢れ出しそうになる。

こんなところを見せるとブラッキーは又迷ってしまうから、もっと笑顔にならなければ...

今の感情を忘れないよう、メモを取りながらブラッキーとの今を共にしている。

さっきバラの花を切っていたら、ポツポツと雨。
デッキは濡れている。

少しでもブラッキーと離れると消えてしまいそうで怖い。

もう頑張らなくていいよと言いながら いつまでも温かい感触を失いたくない。

精一杯の身をもって父ちゃんと母ちゃんに心の準備をさせてくれているんだと、
もう、いいから

大丈夫だから...

7時30分頃、ようやく穏やかな眠りにつく。



ここまでブラッキーと枕を一緒にしながら母ちゃんはメモりました。
そして...
ここから先は何も書けませんでした。

そのときのバラの花です。

100609_2

ブラッキーの最期は穏やかに眠るように...
絶対にそうなるとずっとずっと私たちは思っていました。

けれど...
ちょっとだけ違いました。


・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

先日、父ちゃんから皆さんへとメッセージを託されました。

あっという間に初七日も過ぎました。
その間、皆様には本当に心のこもった温かい励ましのお言葉等々を沢山頂戴し、
唯々感謝々です。まだ日々の生活のリズムが掴めず、私もyukoもほぼ放心状態です。

実はブラッキーの具合が悪くなる少し前に不思議なことがありました。
明け方、黒ラブが(顔は判別できませんでしたが)ベッドの脇にトコトコと
やってきたので、「どうぞ!」と掛け布団をめくるとスッと中に潜り込みました。
あれっ、おかしいな、ぶーちゃんはyukoと私の間で川の字のはずなのに?
と、思わず手を伸ばすと彼は何事も無かったかのように熟睡していました。
そこで目が覚め、いったいさっきのは誰だったんだ?? 
ウイリー? ウイリーなの?? と思わず声を上げてしまい、
その声でyukoも目を覚ましました。

ウイリーが逝って3年近く経ちましたが、このような鮮明な夢は初めてのことでした。
今頃になってどうしてかと思いましたが、久々にウイリーの想い出話で盛り上がり、
一日中ふたりともとても幸せ気分でした。

それからまもなくしてブラッキーの容態が急変しました。
そして、その夢の2週間後にお兄ちゃんの待つ虹の橋へとブラッキーは旅立ちました。

きっとウイリーは「父ちゃん、母ちゃん、ブラッキーを迎えに来たけど
これからはずっと僕が一緒だから心配しないでね!」と伝えたかったのですね。

少し前からブラッキーの食べ物の嗜好が日に日に変わってきて変だなと、
年齢的なこともあり、ふたりともある程度の覚悟はしていたはずなのに...
でも、たとえ夢の中でもウイリーに会えたことがただただ嬉しくて
そのときは何もわかりませんでした。

きっと今頃ぶーちゃんは穏やかで暖かな光に包まれたあの『虹の橋』で
お兄ちゃん命!! と甘えまくっていることでしょう。

もしも先に『虹の橋』に逝かれた皆様方のお子様がいらしたら
ウイリー、ブラッキーを宜しく! とお伝えいただけたらと思います。
これからも大切なお友達としてどうか宜しくお願いいたします。

                       2010.6.1 W&B 父

  
スポンサーサイト

ブラッキーのいない毎日はPageTopたくさんのありがとう ブラッキーの旅立ち

Comment

もうとっくに向こうで馴染んでいるでしょうけれど、ウィリーくんも
ぶーちゃんも、爺様には会えそうで会っていなかったんですよね。
でもウィリーくんは遠縁だし、ぶーちゃんは物静かだから
きっと仲良くやっていると思います。
わんこがいなくなると、暇で暇で(いえ、やることはあったんですけどね)
いかに普段、わんこ優先で過ごしていたかわかりました。
近いうち、遊びに行きますね。きいちゃんで良かったら、遊んでやってください。
あ、そうそう、sayakaさんのところも記事になっていましたよ~

★ターミ姉ちゃん
たくさんたくさんありがとう^^

虹の橋ではラブ爺様がいてくれるので母ちゃんとしてはとても安心です。親戚さんで何処となくちょこっとしたときに爺様にウイリーは似ていました。新参者のブラッキーにもきっと爺様は親切にいろいろ教えてくれることでしょう。母ちゃんもいつかみんなと会えるんだと思うと楽しみが膨らんできます。

ほんとうにね...
うちもです。
ワンコ中心でしたから、今、それを埋めるものが無くて手持ち無沙汰すぎます。
日々は無常にも何も無かったようにただ淡々と過ぎてゆきますが...

そうそう、sayakaさんのブログ!!! ちゃんと見ててコメントしているのにすっかり書いたつもりでいました。教えてくださってありがとうございます。
早速追記してきますね。

勿論もちろん~きいちゃんとお散歩できる日を楽しみにしていますからね~~^^ 

やっと温かい涙が流せました。
どうしてるかな?と思っても・・・
心を思うとメールできないでいました。
お父ちゃんの夢、優しいウイリー君のおつかい。
ブラッキー君の心。
本当に、言葉にするのは難しい・・・
胸がいっぱいです。
そのままの姿がイラストになっていて素敵です。
また、二人に会いに行かせてくださいね。

こんにちは

ずっと最後まで必死に読みました..
yukoさんにも父さんにも言葉はかけません
僕なりにお二人の気持ちは理解しているつもりですから..

ただぶう君は本当に幸せでした..だからこれからもウィーリー兄さんと
共にたくさんの幸せを運んできてくれると思います。
そんなぶう君にまた会いに行けたらなあって思っています。

ぶう君ほんとにありがとう、君に会えて良かったよ。

あのね、ハタパパさんの「ガンバレ!老犬」の本、
ななの棺に入れました。
お空で会った時に「あ!あなたは...」って分かるように。
だから大丈夫。ウィリーおにいちゃんもお迎えに来てるでしょうがお友達も沢山いますよー。
寂しいけれど我が子はきっと大丈夫。

でもね、毎日何していいかわかんないね。
日々無情に過ぎていきます。
これでいいんだって思ってもなかなか・・・
まだまだグズグズした日々は続きそうです。

ゆっくり進んでいきましょう~ね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読ませていただいて、最期まで本当に可愛がられ、幸せなブラッキー君だったのですね。改めて感じました。
私事で申し訳ないですが、5月26日にアンジェラのおばあちゃん(私の母方の祖母)が天国へ旅立ちました。
祖母はお父様、お母様、ウィリー君、ブラッキー君と同じ苗字で、近所のワンコから「アンジェラのおばあちゃん」と親しまれ、生まれてから、天国へ旅立つまで、ワンコを絶やさずにいた祖母でした。今頃、今まで暮らしたワンコたちと、旅立って行ったワンコたちに囲まれていることだと思います。勝手なこちらの想像ですが、ウィリー君たちともお会いしているかもしれませんね。

ウィリー君、ブラッキー君、おばあさんになったアンジェラをそーっと見にきてね。
ゆっくりゆっくり、歩いてますよ。

ありがとう♪

yukoちゃん♪

日記、書いてくれてありがとう
どんな風に言葉を掛けて良いのか分からなくて
しどろもどろでごめんなさい・・・

夫にブラッキーちゃんのことでそんなに辛いんだったら、ガビーの時どうなっちゃうの・・・と言われた私です。自分でも怖い!

ウイリーちゃん、会いに来てくれたのですね♪
今頃は、可愛いイラストのようにウイリーちゃんとブラッキーちゃんでニコニコとみんなと仲良くしているね☆

ずっと気になってました。
あぢゅさんと同じで、メールも出来ずに・・・
yukoさんと、旦那さんの言葉を聞けて良かったです。
お気持ちを考えると「良かった」と言って良いのか分かりませんが・・・
ごめんなさい、上手い言葉が見つからないです。
でも・・・応援しています。

あ、私の名前が載ってないのも見てないし、なくても大丈夫ですよ~。

私も・・・ずっと気になっていました。
yukoさん、パパさん、どうされているんだろう?って。
皆さん同様、何と声を掛けたら良いか分からず、
メールもできませんでした。

最期のその時を記録しておくこと・・・
読みすすめるとルビーのその時を思い出しました。
yukoさん、書くのは辛かったのでは?
今の私は・・・ルビーが旅立ち2年半経ち、
悲しい記憶も辛い記憶も全て大切なルビーの想い出。
と、思えるようになりました。
でも、きっと、お別れは慣れることがないですよね。
その分、「今」を大切に・・・と、改めて感じました。

ブラッキーくん、ルビーに会ったかなぁ~?
5月中旬、ブラッキーくんが頑張っていると知った時から、
ず~っとルビーに話していました。
「もっと時間を頂戴」とか、「もう少し待って」とか・・・
今は「みんなで待っていてねっ」って。

yukoさんや、父ちゃんの声が聞けて嬉しいです。
ブラッキー君の旅立ちの様子は自分、、少し、意外でした。
なので、キラキラ輝く、力のある瞳のブラッキー君しか想像できないし、やはり永遠です。
父ちゃんの体験とちょっと違うのですが、自分も銀の旅立ちの際、不思議な体験しました。
息が消えて数分後にラブと松が同じ方向の天井の1点を見つめて吠え続けました。。
きっと、銀がいるんだっておもいました。形がなくてもココロというか、魂というかはきっといつもふわふわとして存在するような気がします。

今はお兄ちゃんとか楽しい仲間と楽しく遊んでいるのでしょうね、、ちょっと覗いてみたいです。

お空から

ブラッキーちゃん、今はお空でお兄ちゃんや、沢山のお友達と一緒ですね。ブラッキーちゃんからのコメントは200%その通りだとおもいます。何時も一緒に居てくれたお父さん、お母さんありがとうって。 

★あぢゅさん
ごめんね、MICKEY君のこともあるのに心配させて...

>お父ちゃんの夢、優しいウイリー君のおつかい。
>ブラッキー君の心。
>本当に、言葉にするのは難しい・・・
>胸がいっぱいです。

そういっていただけるあぢゅさんは優しいね。
私もいただいたコメント読んで胸がいっぱいよ。

>また、二人に会いに行かせてくださいね。

会いに来てくださいね。

★wulmさん
ありがとう...

いろんな気持ちが行きかいます。
人に会いたくなかったり、会いたかったり...
無性にブラッキーが愛おしいです。会いたいです。
懐かしくて懐かしくてどうしようもありません。

>ただぶう君は本当に幸せでした..だからこれからもウィーリー兄さんと
>共にたくさんの幸せを運んできてくれると思います。

ブラッキーと共に幸せは私たちも計り知れないほど貰いました。
共に歩んできた今迄は言いようも無いほど幸せでした。
これからはウイリーとブラッキー、ふたりで私たちに会いに来てくれるかと思うと
なんだかとても楽しみでなりません。待ち遠しいです。

>そんなぶう君にまた会いに行けたらなあって思っています。

いつか又是非、会いに来てやってくださいね。

★sachikoさん
ななちゃんは今頃きっと虹の橋で人気者になってるよ。
18歳と8ヶ月はそれだけですごいもの。

>でもね、毎日何していいかわかんないね。
>日々無情に過ぎていきます。

そうそう、ブラッキーが中心だったから...
日々の生活のリズムはまだまだ身体がそれに慣れず困りました。

>ゆっくり進んでいきましょう~ね!!

はい、ゆっくりゆっくりね。

★鍵コメ l さん
>パパさんの夢はきっとウイリーお兄ちゃんの優しさが舞い降りてきて伝えたのでしょうね。

あの時私たちは嬉しくて一日中いい気持ちでした。
そして母ちゃんは父ちゃんに「いいなあ」って何度も言ったのを覚えています。

そうですね、おっしゃるとおり、ブラッキーはお兄ちゃんとの再会を満面の笑みで
体中で表現してると思います。嬉しくて嬉しくて、もうずっと離れること無いんですものね。

>これからも二人でパパとママを見つめていようね。」って・・・・・。

優しい言葉に涙が出てきます。
この頃どうも涙もろくていけません。
心からありがとうございます。

★Angela Makiさん
幸せなブラッキーと言ってくださってありがとう。
ウイリーとブラッキーからは計り知れないほどの気持ちをいっぱい貰った私たちも
ほんとうに幸せでしたから...

そうでしたか...
私たちと同じ苗字のおばあちゃま、そういえば以前お母様からお聞きしてましたよ。
今頃はきっと懐かしい出会いで大忙しかも知れませんね。
ウイリーとブラッキー、ちゃんとご挨拶できたかなあ(汗
寂しくなりますね...

アンジェラちゃんの可愛いおばあちゃん姿、想像してます。
もっともっと頑張って欲しいです。

★temmiちゃん
私のほうこそどうもありがとう。
命は尊いね。
どうしようもなく尊いね。
いつかはこうなるってわかっていても
いざとなると、やっぱりダメだよって...
temmiちゃんの優しい気持ちはちゃんとわかってるから

このdeeper-bさんからのイラストに父ちゃん母ちゃんはいつだって救われるの。
絵の中にウイリーらしさ、ブラッキーらしさがちゃんと出てるでしょ!
泣き笑いしちゃうんだよ。

★sayakaさん
ありがとう!
気にさせてしまってごめんなさいね。

気持ちは十二分に伝わってきてるから...
ついこの前、sayakaさんも同じ思いしたばかりなのに、
なんていうか...
心からありがとう。

★ルビママさん
ありがとうございます。
やっぱり、まだまだ、
こんなこと慣れるなんてありっこないです。

>その分、「今」を大切に・・・と、改めて感じました。

ほんとうにその通りかと思います。
ブラッキーは虹の橋のたくさんの先輩方にもきっとご挨拶も出来たかと...
勿論ルビーちゃんにもね。

ルビーちゃんにもありがとうって伝えてね。

★aliceさん
ありがとう。
私たちもブラッキーは眠るようにと、ずっと思っていたのですが、
やっぱり神様はそうもさせてくれませんでした。

>なので、キラキラ輝く、力のある瞳のブラッキー君しか想像できないし、やはり永遠です。

ありがとね...
ブラッキーはときどき人間か??って思うくらいに人の心を読み取ってました。
犬の形はしてるけれど、まるで人間みたいって思えることもよくありました。
それだけに想い出は尽きることが無いんです。

うちもありましたよ!
ラブちんと松ちゃんと同じこと、ブラッキーがしました。
ある一点見つめて吠えてたこと!
そのとき私もaliceさんと同じこと思いました。

早くウイリーとブラッキーに会いたいです。

★ハッピーの母さん
>ブラッキーちゃん、今はお空でお兄ちゃんや、沢山のお友達と一緒ですね。

はい、そう思うととても安心できます。
そしてお兄ちゃんと再会できたブラッキーはきっと満面の笑みでしょう。
母ちゃん、そんなブラッキーが羨ましいです。

>ブラッキーちゃんからのコメントは200%その通りだとおもいます。

ありがとうございます。
もう、嬉しくて嬉しくて。

とってもいい時間を過ごされたと思います。
仲良し兄弟との、そして他の方のお仲間さんとの事も。
何時も向うからハラハラしながら見てくれていると思います。あー、涙は嫌だからねって。

みんな笑ってるほうが好き!
悲しい顔をすると、あの子達も悲しくなります。
思い出は抱えきれないほど!

ここに来ると優しい、特別な時間と雰囲気がありました。
とっても大好きなところでした。あ、今もです!
ブラッキー君が見つめていた世界はきっとお兄ちゃんが見せてくれていたんでしょうね。

嘆きがない事が、とても嬉しく思いました。
お疲れが出ませんように。。。

今久しぶりにブログにお邪魔して驚きました。
とても信じられませんが・・
ブ~ちゃん、大好きなお兄ちゃんやお友達の所へ旅立ったのですね・・
実際にお会いした事は無くても、甘えん坊で天使のようなブーちゃん、大~好きでした。ブ~ちゃんのお顔は不思議な魅力で溢れてます。とっっても愛されているお顔でしたね。

これからは心でいつでもどこでも繋がって、ずっと一緒ですよね。

ブラッキー君の波動を知って たった今猫のご飯を盗み食いした14歳のロンですがたくさん抱きしめてたくさん話してたくさん手をつないで、たくさん大事にすることが増えました。

yukoさん、素敵なブラッキー君との想い出を伝え続けてくださってありがとうございます。

本当にお体ご自愛ください。
ご家族の毎日に心地よい穏やかさが戻りますように。。 

★シェイドさん
ありがとうございます。

>何時も向うからハラハラしながら見てくれていると思います。あー、涙は嫌だからねって。

そう...ですよね、
出来ることなら笑っていたい。
たくさんのたくさんの想い出を残してのブラッキーの旅立ち、
いつか来ることわかっていたけれど...

>ここに来ると優しい、特別な時間と雰囲気がありました。
>とっても大好きなところでした。あ、今もです!

そう言っていただけてとても嬉しく思います。
なんていうか、ポッカリととてつもなく大きな穴が開いてしまい、
ちょっとだけ私たち、どうしてよいかわからなくなるときがありますが、
時間と共に和らいでいくのでしょうか??
無理なく気持ちの赴くまま、これからも変わらずに行こうと思います。

★ロンママさん
ありがとうございます。

>実際にお会いした事は無くても、甘えん坊で天使のようなブーちゃん、大~好きでした。
>ブ~ちゃんのお顔は不思議な魅力で溢れてます。とっっても愛されているお顔でしたね。

もう、なんていう優しいお言葉!!!
そう言っていただくと涙が出てしまいますよぉ。

>これからは心でいつでもどこでも繋がって、ずっと一緒ですよね。

はい、ずっとずーーっと一緒です。
ブラッキーも大好きなお兄ちゃんのウイリーと一緒だし、
虹の橋にはたくさんのお友達もいてくれるので父ちゃん、母ちゃんはとても安心です。

そうですね、ロンちゃんとの時間、まだまだ、もっともっと楽しんでくださいね。
私たちのこともご心配頂いて心からありがとうございます。

ブラッキー君は、父ちゃんと母ちゃんにいっぱいの有難うを残して、お兄ちゃんの待ってる所へ旅立ったんですね。

一番、聞きたい言葉、「お父さんとお母さん、お兄ちゃんの兄弟で幸せ!!!」・・・・こんな素敵な言葉を残してくれて、yukoさん、父ちゃん、本当に幸せですね。

何時もそばにウイリー君とブラッキー君が居てくれる!!!

ウイリー君も、ちゃんと、父ちゃんに、お迎えの挨拶までしてくれて・・・羨ましいほど、幸せですね。

でも、これも、それも、お二人が、心を込めて、ウイリー君とブラッキー君を見守って育てたからなんですよね!

私も、家の仔達に、「お母さんの子で幸せ!」って思ってもらえるように、心掛けます。

yukoさん、父ちゃん、有難う。
そして、ウイリー君・ブラッキー君、大好きやで!!!

★るびーのままさん

>一番、聞きたい言葉、「お父さんとお母さん、お兄ちゃんの兄弟で幸せ!!!」・・・・
>こんな素敵な言葉を残してくれて、yukoさん、父ちゃん、本当に幸せですね。

はいっっ
とっても嬉しくてありがたくて幸せで...(涙

>何時もそばにウイリー君とブラッキー君が居てくれる!!!

そうですよね、そうですよね。

>私も、家の仔達に、「お母さんの子で幸せ!」って思ってもらえるように、心掛けます。

^^大丈夫~~^^
私が太鼓判を押しますから。
もうもう、嬉しいなあ、ありがとうね。ままさん!!

やはりすぐにはコメントできませんでした。
何度も読みかけては
涙でぐしょぐしょになって
読めなくて閉じて…
そしてようやく最後まで読むことができました。
こんなに愛しても愛しても
無情にもお別れは来るんですよね。
わかっていても覚悟してても
連れて行かないでって祈っても
お別れの時は来るんですよね。
悲しいけれど、ウィリー君と寄り添って
yukoさんたちを見守るぶうちゃんを
思い浮かべながら
もう一度「頑張ったね」「ありがとう」を
伝えたいです。

yukoさんのメモ。。。
bjのあの時と重なって
繰り返し何度も読ませて頂きましたです。

すべてを深く慈しみ
四十九日という特別な時間を大切にね。
yukoさんfamilyは、強い絆で繋がっているから大丈夫!
迷うこと無く、お兄ちゃんとお手手つないで虹の橋の仲間と逢えちゃいます。

いつの日か必ず2人に再会できるもんね~
それまでは、いつもの元気で仲良しな父ちゃん母ちゃんを2人に見せてやらねば。。。
いっぱい泣いて、いっぱいありがとして、いっぱい笑顔で。。。

★teddyjudyママさん
ごめんね...又ママさんを泣かせてしまって...

>こんなに愛しても愛しても
>無情にもお別れは来るんですよね。

私も...
同じこと思いました。
生まれでたときからその命を閉じるときはちゃんと決まっている。
以前こういうことを教えてもらいました。
そして又いつか再会出来ることも知りました。

だからそのことだけを考えて...
又会えるときまでちょっとだけお別れなんだと思うと
そのときを思うと楽しみでなりません。

>もう一度「頑張ったね」「ありがとう」を
>伝えたいです。

ママさんの優しいお気持ちが涙が出るほど嬉しいです。
どうもありがとうございます。

★deeper-bさん
頂いたイラストに涙して、そして笑って...
deeper-bさんのこれほどまでに優しいお気持ちに感謝感謝の母ちゃんです。

メモは最期まで書けなくて、
でも今、そのときの気持ちはちゃんと覚えておきたくて、
あのとき必死で嗅いだブラッキーの身体の匂い、温もり、忘れないです。
bjちゃんとの宝物のような年月は永遠ですから...
そしてウイリーとブラッキーと共にした時も宝物です。

>すべてを深く慈しみ
>四十九日という特別な時間を大切にね。

はい。

>迷うこと無く、お兄ちゃんとお手手つないで虹の橋の仲間と逢えちゃいます。

そう聞いて安心です。虹の橋ではたくさんのお友達もいますものね。
そうなんですよ、再会を思うとそのときまで少しだけの別れなんだと思うと、
ものすごく気持ちが落ち着きます。
そのときを楽しみに楽しみにしています。

>いっぱい泣いて、いっぱいありがとして、いっぱい笑顔で。。。

はい^^

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://w0830b0316.blog47.fc2.com/tb.php/159-3a502fb1

震災まいご犬 犬種別一覧
東北支援チャリティカレンダー
エントラプーレ
ペットショップにいくまえに

LAB&PEACE

レトリバー犬種を中心とした 保護活動団体です。

ニコルを助けていただきました。

ラブ爺の愉快な一生

AmazonSeven&Y で発売中 d0098811_23363953

Lavage

ペットと飼い主のための ヒーリングサロン

FooPez

犬の無麻酔歯石除去!!

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

奇跡の母子犬
介護用品

ドギーカート

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンク
FC2カウンター

プロフィール

yuko

Author:yuko
★ウイリー♂
ラブラドールレトリバー
1991年8月30日生まれ
気持の優しい男気の強い子でした。お祭りごとが大好きでポーカーフェイスは天下一品。
2007年10月6日に16歳1ヶ月でたくさんの素敵な想い出を残して天国へと旅立ったのです。

★ブラッキー♂
ラブラドールレトリバー
1994年3月16日生まれ
お兄ちゃん命の永遠のガキンチョといわれている。人知れずナイーヴな神経の持ち主。2010年5月23日16歳2ヶ月でお兄ちゃんの待つ虹の橋へと旅立ちました。

★ニコル♂
ラブラドールレトリバー
誕生日を2005年11月13日とする。
生まれながらのセラピードッグのような子です。

旧ブログ 1

  

2007年1月~12月

旧ブログ 2

2007年12月~2008年3月

思いのままに
リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。