スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道というか函館大沼!!


6月末から7月頭にかけて北海道に行こう!!


思えば昨年は引っ越しのための建築がおせ々状態で

二コルとの旅行は行けなかったものなあ...

父ちゃんからの提案に即大賛成~♪♪


誰にも言わずにひっそりと行く予定でいました。

北海道!!

って思った瞬間、会いたい仔、会いたい人がたくさんいるのです。


今回は母をショートステイに送り出すのが先決、

風邪などひかせないよう、元気で送り出せるよう、気合入りだったのです。


宿泊先もバッチリ。

ノーザンホースパークに十勝千年の森 それから え~とえ~と♪

という具合にニコルと一日遊べるところにと思ったのです。


父ちゃんと母ちゃん、決して若くはないので無理できないしね、

途中休み休みの旅行計画でした。


北海道旅行で真っ直ぐ北海道でなくあちこち泊まってみたいなね!


仙台・青森 ⇒ とここまでは良かったんです。

ニコルソフトクリームも食べれたし^^


急きょフェリー乗り場にさくらちゃんが来てくれたんですよ♪

さくらちゃんは青森に住んでいるんです。


女の子は男の子とはまた違った可愛さがありますね。

すごくツヤピカな美犬さんというよりも可愛いという言葉のほうが

似合うようなさくらちゃんでした~。

150806_50.jpg


今回のフェリーは3時間40分。

大型犬も一緒に部屋で過ごせるフェリーにしたんです。


とその前に...

青森のターミナルでチッコしようと思ったニコル。

長い丈の草があり、その奥が芝生ではないけれど、歩きやすい感じのところでした。


なんていうか、

ちょっと嫌な予感がしたんですよ。

この丈の草ってもしかして...


さくらちゃんと一緒に写真撮ろうと思ったときにニコルの右目の下まぶた

目スレスレにダニです。


的中しました。

ダニをとろうとしても深く足が刺さっていて取れないんです。

下手して取り残しても嫌だし目の中に入ったらどうしよう(>_<)

フェリーから函館降りていちばん近い獣医さんにあらかじめ電話しておいた

病院に直行です。


すごいです!!!

器具でダニを捕まえてグルグルって回してポンってとるんです。

あ~上手く説明できない、もどかしいなあ。

捕れたてダニを見せてくれたら足バタバタしてるし^^;


ふぅ~やれやれ。


一か月間有効かつ、もしも身体のどこかにダニが付いていたら落ちてくれるという

薬も付けてもらい安心の旅ができると喜んだものです。

150806_51.jpg


お宿のある大沼公園まで行きます。

150806_52.jpg


それまで少しお腹が緩かったニコル。

正露丸飲ませてなんとか大丈夫かなと思われたのですが...


このお宿にてニコルは二時間おきに下痢が続いたのです。



そして夜中に血便。

もう、心配で心配で。

なぜならいつもだったら下痢しても一日で治るニコルが...


少し治ったかと思った時もあったのですが、良く考えてみたら3日続いたでしょうか。

薬ももう飲ませられません。


それよりもどうしてこうなったのか??

何か悪いものでもという、様々なこと考えたら気持ちはとんでもなく落ち込んで。


翌朝お宿の女将に病院はどこにあるか聞いたら、朝一番で電話してくださって!

病院側もとてつもない親切な対応に涙でそうになりました。

150806_53.jpg


体温は正常、食欲もある。

がほう菌が異常に多く腸内バランスが崩れてしまった、ということ。

悪いものは見当たらないという結果がでてかなり気持ちは落ち着きました。


長距離移動によるストレスとか様々な原因が重なってしまったのだと思います。

ニコルは点滴をしてもらい、抗生剤と下痢止めをもらって病院を出ました。


旅先で病院のはしごは初めてです。

二年前はなんなくクリアできたことも今回はちょっと違いました。


それにしても今思うことは、

室内でトイレ出来る仔になってくれてこれほど嬉しかったことはないということです。


ニコルのこれ以上の負担は可哀想と思い、この先を断念。

これから先の予定をキャンセルしてまた青森で一泊、仙台で一泊しながら

ゆっくりと帰ることにしたのです。


夕方発フェリーの手配を済ませ、

ホッとしたらまだまだ時間に余裕があることに気が付きました。


ニコルに楽しい想い出もさせてあげなくては!!


目にしたのがドームハウスに隣接したドッグラン『ドジコム』です。

何頭かいたワンコさんたちにも優しく迎え入れてもらい、

ウヒョヒョ~なニコル♪

150806_54.jpg


たっぷりの時間を食事しながらおしゃべりしたり、たくさん可愛がっていただき、

ニコルともども最後の最後に北海道での楽しい想い出ができました。


150806_55.jpg
名前違ってたらごめんなさい


ゆっくりの帰路についたのです。

150806_56.jpg


もうこのころから元気回復!


ニコル9歳の北海道でした^^





スポンサーサイト

友達に会いに 最終回


パリも最終回となりました。


思えばこんなシーンから始まりました。

早朝、最寄駅まで送ってくれた父ちゃんとニコル。

この時のふたりの顔が忘れられません。


旅行中、父ちゃんから送られてくるメールと電話で安堵するのです。

141026_0.jpg


さて

Yさんに会える最後の日となりました。


毎日私たちをいろんなところに連れて行ってくれたご主人のPさんは

この日は大切な休息日。

買い物だったりおしゃべりだったり、そんな日になりそうな予感。




部屋にて

141026_1.jpg


前日とは打って変わっての快晴!

ちょっと乗ってみたかった二階建てバス♪

パリに住んで24年になるYさんも初体験(^^;


ふんふん! なるほどなるほど。

141026_2.jpg


二時間のバスツアーです。

ではでは出発~♪



ルーブル美術館 

141026_3.jpg


ガラスのピラミッド

141026_4.jpg


Yさんは毎日橋を渡ってルーブル美術館の中を突っ切って会社に行くそうです^^

141026_5.jpg


そしてこれはオルセー美術館かな!

141026_6.jpg


ブルボン宮は日本でいう国会議事堂

141026_7.jpg


グラン・パレでは葛飾北斎展が開催されてるようです。

141026_8.jpg


またまた凱旋門とエッフェル塔

141026_9.jpg

141026_10.jpg



皇帝ナポレオンが眠ることでも有名なパリの廃兵院アンヴァリッド

141026_11.jpg


アンヴァリッドは負傷兵の看護センターとしてルイ14世が建設した国立廃兵院です。

ドーム部分は教会になっていて、

地下にはフランスの英雄ナポレオンの棺が安置されているということです。

また建物の一部は軍事博物館として公開されているそうです。

141026_12.jpg


アレクサンドル大橋のペガサス像が美しい。

141026_13.jpg


二時間のバスツアーも終わって...

こんな感じのバスです^^

141026_14.jpg


お腹もすいたことだし、まずはお昼を!!

やはりYさんがよく行くという『SANUKIYA』

うどん、鳥ごぼうご飯、唐揚げをチョイス♪ ほっとする美味しさ!!


あちこち見ながら歩いていたら可愛いお店に出会いました。思わずパチリ!

141026_15.jpg

141026_16.jpg

141026_17.jpg

141026_18.jpg

141026_19.jpg

141026_20.jpg

141026_21.jpg


こちらはサンロック教会 

イブサンローランのお葬式がここで行われたそうです。

141026_22.jpg


教会の裏手で

141026_23.jpg


チュールリー公園駅 → コンコルド → セーブルバビロン下車


ボンマルシェにて美味しい紅茶とチョコレートの買い物です。

果物、野菜のディスプレイが美しく思わずシャッター切りました。

141026_24.jpg

141026_25.jpg


パリでもっとも旧い教会と言われているサン ジェルマン デ プレ教会。

141026_26.jpg


教会の斜め前のカフェにて休憩^^

その昔、著名人がかなり通ったらしいこのカフェ。

私たちが休んでいると ショー関係のモデルさんやら

洗練された人たちが行き交ってました。

俳優のファブリス・ルキーニが行ったり来たり!


尽きることないおしゃべり^^

場所を変えて夕ご飯にすることに!!

途中可愛いワンコさんに会いました。

月齢20ヶ月の秋田犬(たぶん?)

141026_27.jpg


イタリアンレストラン『サンタ・ルチア』に着きました。

141026_28.jpg


ピザとたっぷりのトマトサラダ。

そして...

バスにてホテルまで送ってもらったのですが...


Yさんと会うのはこれで最後。

ホテルのフロントでタクシーが来るまでおしゃべりしながら待ちます。

ほんとうに最後と思うとなんだか涙が溢れてきそうです。


また会うことを約束して...


別れました。


Pさん Yさん、たくさんたくさんありがとう。


・・・・・・・・・・・・・


翌日

この日は夕方空港に行く為、時間はたっぷりあるので

荷物を作ってホテルに預け、少しパリの街を歩いてみることにしました。

お店を見ながら歩くのも楽しいです!!


デパート、ギャラリーラファイエットの中央が吹き抜けのドーム天井。

吹き抜けのガラスがあまりに美しくもっともっと近くから見てみたくて

上階に行きスターバックスでアイスカフェオレを飲みながら

ただその美しさに魅せられてシャッター切りました。

141026_29.jpg


空港では時間もたっぷりあるのでコーヒー飲みながらのんびり!

141026_30.jpg


夕日がやけに心に響きます。

141026_31.jpg


・・・・・・・・・・・・・



迎えに来てくれたニコルはなんだかとても素っ気なかったです。

母ちゃんはとても久しぶりに会うので嬉しくて嬉しくて

けど

やっぱりなんだかとても素っ気ないんです。

母ちゃん、またどっか行っちゃうのか? と

なんだか不安げなニコルなのです。



 
父ちゃん...

今回の旅行を快く出してくれてありがとう。

PさんとYさんには父ちゃんのこと、しっかり伝えてきたからね!!


いつかまた鎌倉で再会できますように...


ありがとう。


最後にお土産をハムハムのニコル♪

141026_32.jpg









続・友達に会いに…

朝です。

部屋にはいつでもコーヒーが飲めるようになっているのですが、

起きてシャワーを浴び、レストランで朝食をとるので

Yさんからもらったボトルに入ったお水を飲むだけです。

141015_1.jpg


この日はパリ・ベルサイユマラソンがある為、至るところで通行止めです。

車ではなくこの日は電車で迎えに来てくれたYさんとオペラ座バックに!

141015_2.jpg


地下鉄、郊外線を乗り継いでムドン駅迄。

途中セーヌ川を渡り

...と、ここで

川の両側に停泊してる船のことを!

水上生活をしているのです。とても人気があって順番待ちだそうな...

そこにはレストランなどもあるそうですよ。

141015_3.jpg


そして私たちはセーヌ川にある『サンジェルマン島』のレストランにて昼食です。

141015_4.jpg


美味しいお料理をいただき、シアワセ気分いっぱいで散歩。

ジョギングしている人、犬を連れて散歩している人、日光浴してる人と様々。

ドッグランがあったり広大な敷地には厩舎もありました。

3歳児くらいから小学生低学年くらいの子たちがブーツ、帽子をつけ

馬の手入れをしたり乗馬をしたり...

こんなに小さい頃から馬に接することができなんてシアワセな♪

141015_5.jpg


たくさん歩いて気持ち良いです。

たくさんの犬にも会ってシアワセ。まだまだ元気いっぱいな黒ラブさんです。

141015_6.jpg


大きな大きなデュビュッフェの『顔の塔』

141015_7.jpg


ここから歩いてお二人のうちまで^^

この日は部屋でのんびりすることにしました。

ここでかなり驚いたのですが、

『小津安二郎の作品』をシリーズで持ってらっしゃるのです。

今、パリでは密かなブームだそうです!!

その中から『彼岸花』を観ることにしました。

この方の作品は少し前に私の住んでいる鎌倉でも特集を組んでいたのです。

だからほんとうに驚きました。

またまた夕ご飯をご馳走になり満足満腹です~♪

今日もミミちゃんを♪♪

141015_8.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌日です。

この季節、パリの朝は明るくなるのが7時過ぎです。

空気はサラッとして気持ちがよく、もっと寒いかと思っていたのですが、

半袖でも良いくらいの陽気続きです。それでも朝晩はちょっと冷えるかな。

天候もパリに来て初めて雨

しかも 小雨→曇り→晴れ→雨 という目まぐるしく変化の一日でした。


ご主人のPさんは仕事を休んでくれて、

商社に勤めているYさんは 

この時期パリコレもあってお客様のアテンドが入って超多忙にも関わらず、

母ちゃんの旅行中全て休みを取ってお付き合いしてくれるとのこと、

申し訳ない気持ちいっぱいです。


この日はパリから170kmとも200kmとも言える

オンフルールとドービルに連れてってくれるとのこと、

楽しみが膨らみます。

 
車窓からの景色を少し...

141015_9.jpg


141015_10.jpg


車に補給とトイレタイム^^

もうじき着きますよ~♪

141015_11.jpg


ノルマンディ地方にある美しくて可愛い港町『オンフルール』です。

たくさんの芸術家たちに愛された街オンフルール。

旧港を囲むよにレストランやカフェなどが立ち並び

ほんとうにカラフルで美しい!!

ノルマンディ様式の建物!

教会のステンドグラスにまたもや心奪われた母ちゃん。♪

141015_12.jpg

141015_13.jpg


カジュアルなレストランにて昼食です。

珍しく食べ物の写真!

141015_14.jpg


木造の教会 『サント・カトリーヌ教会と鐘楼』

全てが木造というこの教会はオンフルールの象徴かもしれません。

石づくりとはちょっと違った...不思議な教会でした。

141015_15.jpg

141015_16.jpg


Pさん♪

141015_17.jpg


可愛い街です。

141015_18.jpg

141015_19.jpg

141015_20.jpg


船が出航するときに跳ね橋は上がるそうです。

141015_21.jpg


上の写真は管理する建物かな?

船が出航するときに下の丸で囲った中の橋が上がるそうです。


可愛いお店がいっぱいです。

141015_22.jpg


そして『ドービル』

映画”男と女”の舞台となった海岸。

延々続く板張りの遊歩道。

その脇、小屋の手前にはアメリカ映画祭に出席するためにこの地を訪れた

映画スターの名前がつけられています。

GEORGE LUCAS の文字が見えますか? 

141015_23.jpg

141015_24.jpg


またもやワンちゃん達に会ってしまいました^^

このモコモコ君、私の目の前にやってきてくれましたよ~^^

141015_25.jpg


天使の梯子が見えますか?

141015_26.jpg


高級住宅が立ち並ぶこの街、可愛い家がたくさんでした。

141015_27.jpg

141015_28.jpg


そして今回の旅行中、母ちゃんの中で一番印象に残ったワンコさんです。

ゴードンセッター!! 

天真爛漫というかほんとうに可愛い。きっと母ちゃんの大好きなタイプ。

141015_29.jpg


カジノもあるんですよ!!

141015_30.jpg


帰り道、放牧中の馬があちこちにいました。

141015_31.jpg


帰り高速を走行中 目の前に突然右の方から虹!

どんどん半円形に形作られてきました。

141015_32.jpg


それはきれいな虹でした。

その大きな虹の真ん中を...車が走っているのです。

まるで虹に向かって走っているような錯覚に陥りました。

なんということでしょう。

そしてまもなくするとその虹は儚く消えてゆきました。

ステキな虹の想い出です。


ライトアップされたエッフェル塔と凱旋門。

141015_33.jpg


夕食はPさんとYさんがよく行く『えびす』というレストランにて。

皆で取り分けながらの美味しい食事に大満足!!

ありがとう^^ 


続く...です。





友達に会いに…

大切な友人(夫婦)に会いに!!

5泊7日でパリに行ってきました^^

たくさんのもてなしを受け、

良い報告とシアワセな気分をもらい無事に”ただいま~♪”です。



☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆



快く旅行に出してくれる父ちゃんのためにできること、

せめても母ちゃんにできる準備として

何日か前にはニコルのご飯作り。

夜ご飯のリゾットを作り一食ぶんずつ冷凍。

141006_1.jpg


このリゾットに肉or魚と豆腐を入れて温めるられるよう!

朝ごはんは父ちゃんが作ってくれるとのこと、ありがとう。


私たち夫婦の大切な友人なので

本当は父ちゃんと二人で行けたらどんなに良いかとも思いましたが、

私の母のこと、ニコルのこと、その他諸々のことがあり、

父ちゃんは留守番を買って出てくれました。


旅行前日には母にショートステイに行ってもらい、

予めダダダ~ッと用意しておいた持っていく着替えなどのチェックをし

スーツケースに詰め込み、少しだけ睡眠をとって...


夜中、ニコルが階下に降り、一度ゲボ。

心配でしたがその後無かったのでちょっと安心。

何か感じたかな? と。


最寄りのバス乗り場まで送ってくれた父ちゃんとニコル。

ん、父ちゃんの目、ちょっと涙?

ニコルのその時の少し不安げな顔が忘れられず...


その後、父ちゃんからの連絡で安定したと聞いて安心。

12時間のフライトがとても長く感じられた。

141006_2.jpg


パリ、シャルルドゴール空港で真っ先に目に入ったのが

黒犬さん2頭。思わず写真撮ってもいいですか? と。

快くOKをもらったのでパチパチ撮ってしまった(;´∀`)

141006_3.jpg


ホテルにて! 

ここで5泊します。

141006_4.jpg


仕事終え、その足で駆けつけてくれた友人夫妻。

夕食は二人がよく行くという後ろのお店”Zen”で!!

141006_5.jpg


食事風景の写真撮ってなくてごめんなさい。


私たちは17歳の時からの大親友。

友達のYさんのおうちにはよく泊まらせていただきました。

今は亡き英語の先生だったお兄さんには英語を教わったり、

通う高校は創立まだ浅く一年先輩がいたきりで、校風も厳しくなく

自由を謳歌していたのです。

サボることも ちょっとだけ悪いことも ただただ楽しくて

Yさんとは毎日のように行動を共にしたこと、

想い出深い良き時代でした。


それからというものはお互い違う学校に通い

その後も様々な社会生活。

それでも友人関係は崩れることなく続くのです。


ご主人であるPさんとの出会いも鮮明に思い出せます。

もう、ほんとうに仲の良いステキなカップルなのです。

優しくて穏やかなPさんにはほんとうに会いたかった父ちゃんなのです。


パリ生活24年にもなるYさんはバリバリ働くフランスの女性みたいです。


ニコルが我が家にやってきた年、ちょうど日本に里帰りしたYさん。

あのとき会いに来てくれたので 

ニコルが来てから4年目に入るからその分だけ彼女に会ってないのです。



☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆



さてさて...話を戻して

ホテルでは朝食のみバイキングです。

一日目は かねてから行きたかった【シャルトルの大聖堂】まで。

途中の景色

141006_6.jpg

141006_7.jpg


大聖堂の中のステンドに圧倒され!!

と、その前に喉潤しタイム(笑

141006_8.jpg


郵便屋さん^^

141006_9.jpg


大聖堂

141006_10.jpg

141006_11.jpg

141006_12.jpg

141006_13.jpg

141006_14.jpg

141006_15.jpg

141006_16.jpg

141006_17.jpg

141006_19.jpg

141006_21.jpg

141006_22.jpg


昼食!!

鴨肉の煮込みは美味。デザートのカヌレに舌鼓。

141006_23.jpg

あ、ここも写真なし。

でもね、とにかく何処も量が半端じゃなく...

母ちゃんはよく残しました(;´∀`)

大食漢の母ちゃんでさえ残すくらいだから...

けど何を食べてもほんとうに美味しいのです。

ごちそうさまでした。

141006_24.jpg


この子は15歳。耳は聞こえないそうですが、

足腰もしっかりしててとても元気。

141006_25.jpg

141006_26.jpg


大聖堂前のお店で売ってたステンドを少しだけ!

141006_27.jpg

141006_28.jpg



☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆



そして

お腹がいっぱいになったところで

ふたりの散歩コースでもある【ムドンの天文台】に^^

141006_30.jpg


結婚式があるみたいです。

141006_29.jpg


こんな看板、どこにもあるんですね。

141006_31.jpg

141006_32.jpg


パリが一望出来ます。

141006_33.jpg


Pさん^^

141006_34.jpg


天文台

141006_35.jpg


公園ではあちこちで日光浴をしていました。

散歩中の犬にも何頭か会いました。

ふとそんなとき浮かぶのがニコル、どうしてるかな?


のんびり気持ち良い散歩のあとはPさんとYさんの住んでいるアパートに。

しばらくしてお友達のJさんとCさんも!!

Pさんの作ってくれたかぼちゃのスープと鶏肉と野菜が入った

トマト煮込みを幾種類ものチーズとパン、ご飯でいただきました。

心こもったおもてなしに美味しさも倍増です。


おしゃべりしながらのこんな時間はあっという間に過ぎて行きます。


最後はステキなお住まいと猫の”ミミちゃん”

141006_37.jpg

長くなってしまいました(;´∀`)

続く...です。








箱根にお泊り

母を温泉に入れてあげたい!!

そんな気持ちから、今回は箱根にお泊りしてきました。

兄夫婦と姉と現地で待ち合わせです。

もちろんニコルも一緒ね♪ という母の言葉。

さて、どこにしようか??

犬も一緒の施設は箱根にはたくさんありますが、

車イスの母と一緒となると限られてきます。

どこかで妥協も必要となってくるお泊り。



今回は犬関連なアートがいっぱいのここに決定です。

140706_1.jpg画像をクリックしてみてくださいね


母と兄夫婦と姉は一緒の部屋です。

そしてニコルと私たち夫婦で一部屋。

140706_2.jpg


館内はいたるところに絵だったり置物だったり...楽しいです。

140706_3.jpgクリックで大きくなります。


梅雨ということもあって雨の心配はかなりありましたが、

それも覚悟の上!! それもなんとかクリアできホッとしました。


気分が高揚してうちでも車でもあまり寝なかった母。

ホテルに着いたら途端に睡魔に襲われたようです。

母が寝ている間、ニコルと私たちはコーヒーをもって室内ドッグランで

過ごすことにしました。

140706_4.jpgクリックで大きくなります。


ドッグランに置いてあったボールを借りて楽しませていただきました~♪

数日前に人工芝が敷かれたとあり、

ニコルの足にも優しく嬉しかったです。

館内にはこんなアートもありましたよ^^ 

140706_5.jpgクリックで大きくなります。


そうそう、こんなこともありました!!

寝ている母をたたき起こしてお風呂に入れよう作戦です。



私たちが泊まったフロアは二階、

このホテルはフロントと入口が二階なのです。レストランも二階。

そんなわけで車イスの母には打ってつけ!!

すべてワンフロアで済ますことができるのです。


けど、

温泉が地下、エレベーターがありません。

温泉まで母を連れてゆくことは到底不可能でした。


そこでホテルのスタッフの方たちが、

母の部屋まで温泉のお湯を運んでくれたのです。

何度も何度も往復して湯船いっぱいに温泉を張ってくれたのです。


「折角の旅行ですからお客様に温泉に入っていただきたくて...」

という計らいからでした。

母を温かな温泉に入れることができ、

スタッフの皆さんの優しさに有難い気持ちいっぱいになりました。



ゆっくりみんなでいただきたいという考えから

食事は個室でとお願いしました。

140706_6.jpg


次々運ばれる食事は見た目にも美しく美味でした。

運ばれた鴨肉、歯の弱い母には薄く切り込みが入っていて

細かな気持ちの行き届き方にビックリもしました。

140706_7.jpg


延々私たちの夕食の時間は続きます。


・・・・・・・・・・



翌日の早朝散歩は霧雨でした。

雨がひどくなったらチェックアウト後、真っ直ぐに帰る予定でいました。


朝食も済んで部屋を片付けていたら晴れ間がさしてきたのです。

なんという嬉しい誤算!


芦ノ湖は大きくてきれい。

140706_8.jpg


湖畔を母と散策!

140706_9.jpg


みんなで記念撮影。

140706_10.jpg


嬉しそうな母の顔。

140706_11.jpg


兄夫婦と姉は海賊船に乗るのでお見送り^^

140706_12.jpg


母と私たちはのんびりお茶です!!

140706_13.jpg

140706_14.jpg


まだまだ時間もゆっくりなので湖畔をのんびり♪



ここで嬉しい出会いがありました。

盲導犬の○○ちゃん!!

ニコルと会ったときはオフタイムとのことです。

記念に写真を!! 快くOKをいただきました。

そんなわけで、ニコルとツーショットとなったわけです。

140706_15.jpg


かわいい○○ちゃんは優しいお顔をしています。

二コルより一回りも小さな体で一生懸命お仕事してるんだと思うと、

なんだかとても切ないというか...すごいな! と正直思いました。

140706_16.jpg


そして、○○ちゃんをお預かりしているご主人が

ニコルをハンドリングしてくれたのです。

シッポ振ってニコルは応えるんです。

コマンドにちゃんと応えるんです。

ニコルはとても嬉しそうでした。

コマンドは普段は日本語で教えているのですが、

このときは英語。

どんな言葉でも意思と気持ちは伝わるものなのですね。

その方の意気込みというか、二コルにはちゃんと伝わったようでした。


新たなニコルの一面が見え、とても可愛くて思わず抱きしめたくなりました。

素直なニコルのこんな感情! 初めて知りました。


そして別れです。

○○ちゃん、これからもお仕事頑張ってと心でつぶやきながら...



小田原に犬も入れる蕎麦屋さんがあるというので

お昼をそこでいただいてから帰ることにしました。

小田原 早雲「はなれ わんこそばRotta」です。

140706_17.jpg


二日間 雨もひどくならず、ほんとうにシアワセでした。

母はもしかしたら一番元気かもしれません。

140706_18.jpg


こうして母を連れていける旅行はあと何回あるかわかりませんが、

私もつい自分の親なので怒鳴ってしまうこともありますが、

その都度、自己嫌悪ではありますが、

こうして親孝行ができることに感謝です。


父ちゃん、いつもありがとう。

ニコル!! おばあちゃんとまた旅行にお付き合いしてね。

140706_19.jpg






PageTopNext>>

震災まいご犬 犬種別一覧
東北支援チャリティカレンダー
エントラプーレ
ペットショップにいくまえに

LAB&PEACE

レトリバー犬種を中心とした 保護活動団体です。

ニコルを助けていただきました。

ラブ爺の愉快な一生

AmazonSeven&Y で発売中 d0098811_23363953

Lavage

ペットと飼い主のための ヒーリングサロン

FooPez

犬の無麻酔歯石除去!!

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

奇跡の母子犬
介護用品

ドギーカート

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンク
FC2カウンター

プロフィール

yuko

Author:yuko
★ウイリー♂
ラブラドールレトリバー
1991年8月30日生まれ
気持の優しい男気の強い子でした。お祭りごとが大好きでポーカーフェイスは天下一品。
2007年10月6日に16歳1ヶ月でたくさんの素敵な想い出を残して天国へと旅立ったのです。

★ブラッキー♂
ラブラドールレトリバー
1994年3月16日生まれ
お兄ちゃん命の永遠のガキンチョといわれている。人知れずナイーヴな神経の持ち主。2010年5月23日16歳2ヶ月でお兄ちゃんの待つ虹の橋へと旅立ちました。

★ニコル♂
ラブラドールレトリバー
誕生日を2005年11月13日とする。
生まれながらのセラピードッグのような子です。

旧ブログ 1

  

2007年1月~12月

旧ブログ 2

2007年12月~2008年3月

思いのままに
リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。